四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3年ぶりの逆襲、4年ぶりの更新

 ブログの更新がおよそ4年ぶり、という事実に一番驚いているのは他ならぬ筆者かもしれない(小賢しい生存報告、などはカウントしたくない所存である。お見苦しいところを露呈してしまい申し訳ない)。
 ノーマル四間飛車が廃れてはや数年、『よくわかる』シリーズのような級位者向けの内容のものを除けば、『四間飛車激減の理由』を最後に、3年ほど角道を止める四間飛車に関する定跡書は上梓されていなかった。
 同書は「藤井システムなどの対策が整備された居飛車穴熊に対して勝ちづらいため、(角交換型や穴熊はともかく)通常の四間飛車はプロの実戦であまり登場しなくなった」という趣旨のもと、300ページ近い分量のすべてを対四間飛車の居飛車穴熊に費やしたものとなっている。必ずしも居飛車有利の手順ばかりを紹介しているわけではないため、読んでいて不公平感のようなものは感じなかったが、最終的には居飛車穴熊が良くなる変化に帰結するよう終始しており、もともと筆者が用いることの少なくなっていた後手四間飛車を完全に封印する決め手となるには充分な内容であった。
 それでも先手四間飛車は採用せざるを得ず、「対松尾流の変化の時に美濃囲いの端歩(▲1六歩)が突いてある」「一手早いため銀冠に組めることが多い」などの細かい違いを利用して孤軍奮闘(?)してきたわけだが、ここにきて心強い味方が現れた。
 8月18日に発売された『四間飛車の逆襲』である。著者は新進気鋭の石井健太郎四段、「四間飛車を愛用しており、この戦法のおかげで三段リーグを抜けることができた」とまえがきで語る頼もしい存在である。発売日に購入し、熟読させて頂いた。
 『四間飛車激減の理由』と同じく、一冊まるごと対居飛車穴熊の手順を紹介したものとなっている。ここ2・3年ほどの定跡書(立ち読みがほとんどであるが、いちおう3冊ほど所持している)は次の一手や実戦編などを盛り込み、良く言えばバラエティに富んだ内容、悪く言えば中身を薄めたものが多いが、本書は実戦解説に40ページ弱を割くに留まっており、ボリューム的にも不足は感じない。実力向上に向けたアマチュアへのアドバイスや自身の取り組みなどを描いたコラムからも真摯な人柄が見て取れ、筆者としては好感を抱いた。
 特徴的なのは主に先手四間飛車を題材としている点であり、後手四間飛車は△5四銀型と△3二銀型のみの紹介となっている。「△4四銀型は、先手四間飛車の▲6六銀型に比べて純粋に一手損しており、後手番の良さを生かすことが難しいからである」と理由も添えられており、先手限定で四間飛車を使い続けてきた筆者としては、自身の愚考に裏付けが取れた形となり嬉しい限りだ。
 留意すべきは「途中まで先手藤井システムの駒組みを進めた上で▲6六銀型に組む」と序章で述べられているところだろう。藤井システムを見せることによって、居飛車穴熊側の2枚の金を3二と4三に固定できるメリットがあり、なおかつ1筋は詰めた(▲1五歩型)状態のみの手順の解説となっていることにも気をつけられたい。
 藤井システムを採用しない筆者のような四間飛車党にとっては、居飛車の金は必ずしも3二とは限らない(3一の場合もある)、常に1筋を突き越しているとは限らない(▲1六歩に△1四歩と受けているか、単に▲1六歩の状態で端攻めが難しい)という二点に注意して読み進める必要がある。特に本著第1章の対△8四角型で最初に登場する変化1では、3二金型でなら確かに成立するが3一金型だと微妙と思われる手順について言及されており、そのまま鵜呑みにするのではなく形の違いに気を配った上で手順を吟味しなければいけないだろう。
 以上のような理由もあり、この一冊のみを読破すれば居飛車穴熊に対抗できる、などとは無論のこと言えない。予め紹介した『四間飛車激減の理由』の他に、少なくとも『鈴木大介の将棋 四間飛車編』あたりには目を通しておく必要があるだろう。
 筆者が更新を滞らせている間に、当ブログをご覧頂いている振り飛車党の読者諸兄にも「角交換四間飛車や石田流、ゴキゲン中飛車がメイン」という方が増加したことは想像に難くない。若年層に至っては「そもそも角道を止める振り飛車に馴染みがない」場合も大いに考えられるだろう。
 こうした通常の振り飛車でも「居飛車穴熊対策さえ立てることができれば、まだまだ充分に戦える」と個人的には思う次第である。たまには原点に帰って角道を止めて飛車を振り、本著を引っ下げて堅陣を切り崩そうとしてみるのも悪くはないのではないだろうか。その結果「やはり居飛穴は手強い」「その穴熊に組まれづらい戦法は優秀だ」と再度認識する結果となったとしても、振り飛車党にとっては収穫があったと言えるだろう。
 ただし従来の振り飛車を採用する場合、居飛車穴熊のみならず急戦・左美濃・位取りなどといった居飛車の様々な作戦に幅広く対応する必要がある。特に四間飛車に対する作戦は多様を極めているため、居飛車穴熊と決め打ちしていたら棒銀などの見慣れぬ形に誘導され、定跡が分からず惨敗したなどという顛末にならぬよう用心するべきなのは言うまでもない。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/309-134bd165
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。