四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の後手四間飛車採用

 筆者の実戦より。一局目後手右玉でひどい目にあったので二局目の本局も四間飛車を採用したところ、対する先手にお決まり通りの居飛車穴熊に組まれて第1図。▲6八角型から4筋の歩を交換した直後に、こちらから△5五歩と反発したよくある形である。
 『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』P107ではここで▲5六歩と打ち、以下△4六歩▲5五歩△4七歩成▲4五歩…が本筋として紹介されている。違うのは振り飛車側が端を詰めている点で、なんとかそれが活きる展開になればと思っていたのだが、ここで予想外の一手が飛んできた。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲3五歩 △4六歩 ▲3四歩 △4四角
 ▲2四飛 △2二歩 ▲4八歩 △6五歩
 ▲8六角 △6二飛 ▲3三歩成△同 角
 ▲3四飛 △6六歩 ▲6八金引△5六歩
 (第2図)

 ここで▲3五歩と取る手は△2四同角型なら有力だがこの場合は疑問。すかさず△4六歩と伸ばして、▲同銀なら△6六銀がある。▲2四飛△2二歩に▲4八歩と受けるようではおかしい。ここで△5六歩と迷ったが本譜は△6五歩。▲8六角の飛び出しにも△6二飛とかわす。
第2図
 以下▲3三歩成にも△同角が逆先になるのが居飛車の泣き所。△6六歩の取り込みにはまだしも▲7七金寄とよけるべきで、本譜は△5六歩と銀を殺してはさすがに振り飛車優勢であろう。第2図以下20手ほどで勝ち。

 最近角道を止めるノーマルな四間飛車はプロでも廃れている上に、相手が居飛車穴熊などの玉を固める戦法ばかりで少々嫌気がさしている。
 ところで第1図以下▲5六歩△4六歩▲5五歩△4七歩成▲4五歩に△5五角だとどうなるんでしょうね?
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/304-58e5f0fc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。