四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

▲6九飛型の落とし穴

 最近別のゲームに夢中になって将棋のことを忘れています。本局もそんな中指した将棋から。
 先手筆者の四間飛車に対して後手は居飛車穴熊を採用、△4二角からの6筋の歩交換に対して▲7五歩△8四飛▲5五歩と反発する形の変化より第1図。部分的には定跡形だが、端を詰めているかわりに左美濃のままなのがこちらとしては不満なところ。△8六歩を▲同角と取ると△7五歩とされて確か悪くなるはず、と思ってここでは歩で取る一手と深く考えずに着手したのだが…。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲8六同歩△5四歩 ▲6四歩 △5五歩
 ▲6三歩成△5四銀 ▲7三と △6五歩
 ▲7四と  △8一飛 ▲6四歩 (第2図)

 『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』P107~109に記されている通りの手順に進む。詳しい変化は同著を参考のこと。ただし△5四銀は意外な一手で、P110で居飛穴が不利になるとされている。▲7三とはそっぽのようだが、▲7四と~▲6四歩と大駒を押さえ込むのが振り飛車の狙い。これで指せると思っていたのだが…。第2図

  第2図以下の指し手
      △7八銀(図面略)

 『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』P110では▲6八飛型(四間飛車が後手なので△4二飛型)なのでこの銀打ちをうっかりしていた。以下▲5九飛と逃げるも、△6七銀成とされて角が逃げれば押さえ込んだはずの飛車に走られてしまう。仕方なく▲6三歩成以下攻め合うも、大差の一手違いにするのが精一杯であった。

 振り返ってみると△4二角の直前の△9五歩が深謀遠慮の一手で、こちらが▲2七銀だと△4二銀から松尾流穴熊を許してしまう。とはいえ銀冠に組もうとした瞬間いつでもこの銀引きはあるわけであって、改めて穴熊の脅威を感じた一局。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/303-4bdf9142