四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

二十世紀の銀損定跡

 後手番だが相手(五段)が右四間飛車の構えを早々に見せてきたため、四間飛車で対抗して迎えた第1図。振り飛車側としては銀冠に組めていないのが不満である。△6五歩、そして図の△1四歩(完全な手待ちだが、代わる手も難しい)が無駄な手になってしまったか。ここから戦いがはじまる。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲4五歩 △同 銀 ▲同 銀 △同 歩
 ▲3三銀 △同 桂 ▲同桂成 △6二飛
 ▲4五飛 △4四歩 ▲2五飛 (第2図)

 ▲4五歩は定番の仕掛け。△同歩と取るのは▲1一角成で△6五桂と飛べないためおそらく不利。よって銀交換は必然となる。▲3三銀のところではやはり単に▲1一角成の方が嫌だった。本譜は振り飛車の右桂が銀と交換になるなら歓迎だが、△6二飛で飛車が隠居するのがつらい。▲4五飛△4四歩は飛車角どちらでも取れないので▲2五飛は当然の一手である。第2図

  第2図以下の指し手
        △3三角 ▲2三飛成△5一角
 ▲4四角 △8三桂 ▲8八玉 △7五歩
 ▲同 歩 △同 桂 ▲7六銀 (第3図)

 もし1筋を突いていなければ△1四銀と露骨に飛車を殺す手がある。『窪田流四間飛車〈2〉撃退!右四間』P52に類似形で先後逆にして載っており、以下微差で振り飛車優勢と結論づけられている。しかしこの場合は△3三角と取るよりない。▲2三飛成に△3二銀▲3四竜△4二桂▲3五竜△3四銀は指す気になれない。第3図
 ▲4四角と出られた局面は振り飛車が銀得だが、大駒の働きが違いすぎて居飛車有利が二十世紀からの定説である。以下悪あがきをするも、冷静に対処されて第3図。後続手段はあるのか?

  第3図以下の指し手
        △7四金 ▲5三角成△6四銀
 ▲4四馬 △6六歩 ▲同 馬 △6五銀打
 ▲同 銀 △同 銀 ▲4四馬 △7六銀
 (第4図)

 △7四金と守備駒を攻めに使うのが勝負手。第4図▲5三角成を許すのは仕方ないが、そこで△6四銀と厚みを加える。▲6二馬△同角ならもちろん大歓迎だが、さすがにそうは進まず▲4四馬。しかし△6六歩に▲同馬がおそらく疑問手。▲同歩が優っただろう。△6五銀打で手ごたえを感じた。銀交換後△7六銀とすりこんで形勢逆転を意識しはじめる。

  第4図以下の指し手
 ▲6六桂 △8七銀打▲7九玉 △6四飛
 ▲7四桂 △同 飛 ▲6六馬 △7八銀成
 ▲同 玉 (第5図)

第5図 ▲6六桂のところでは▲7九桂を主に読んでいたが、△8七銀打▲7九玉の交換を入れてから△6四飛と先手を取るのが気持ちのいい飛車浮き。金は取られるものの馬取りは残り先手を取ることができた。▲6六馬に△7八銀成▲同玉と金をはがして第5図。
 ここで△6七桂成が攻め急ぎすぎの悪手で、以下▲同金△8七金▲6八玉△6七銀成に▲同玉が好手で攻めが息切れしてしまった。馬が強力かつ上部が開けており居飛車玉は捕まえにくい。以下十手ほどで時間切れ負け。
 対右四間飛車は過去嫌になるほど指したが、例によって定跡をだいぶ忘れていた。振り飛車は銀冠に組めば充分戦えると個人的には思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/298-1190aeb0