四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全駒の美学

 筆者の実戦より。▲7六歩△3四歩▲6六歩△3三角の出だしから糸谷流右玉風駒組み対振り飛車となり、後手が向かい飛車から石田流に組み替えて第1図。

第1図 とはいえ自玉はまだ居玉のまま。ここで△4五歩と突かれていたら危なかった(▲3五歩△同角▲同金△同飛は歩切れでダメ。▲4五同桂△同桂▲4八玉とふんばる予定だった)が、実戦は△7二銀だったため▲4八玉で一安心。
 いつでも▲3五歩は先手の権利として残っているが、歩切れになるため桂頭を狙われて忙しくなってしまう。そこで一歩を手に入れるべく駒組みを進め、二十手ほど進んで第2図を迎える。
 相手が無策に穴熊に囲ってくれたため、8筋で待望の一歩を手に入れた。▲3五歩決行の時は近いが、その前にやるべきことがある。

第2図  第2図以下の指し手
 ▲6七金 △8二金 ▲3五歩 △同 角
 ▲同 金 △同 飛 ▲3六歩 △3四飛
 ▲3二角 (第3図)

 金を渡した後の△7六金を防ぐため▲6七金と上がる。ここで後手は▲3五歩を防ぐべきだったと思うが、△8二金だったためいよいよ▲3五歩と突けて優勢を意識した。角金交換の後に▲3六歩と打って自陣は安泰。△3四飛に▲3二角と今度は飛車の捕獲にかかる。気になる筋が一つあるが……。

第3図  第3図以下の指し手
        △2五桂 ▲2三角成△3七桂成
 ▲同 玉 △3一飛 ▲2二馬  △3四飛
 ▲1二馬 △2四飛 ▲2五歩  △同 飛
 ▲2九香 (第4図)

 △2五桂はハッとさせられる一手だがもちろん読み筋。▲2三角成△3七桂成▲同玉で大丈夫である。△3一飛▲2二馬に△3四飛と逃げたため、香車を拾ってからの▲2五歩~▲2九香で後手の飛車が死んでしまった。以下△1五飛▲1六歩まで。

第4図 本譜は出来過ぎであるが、棒金+糸谷流右玉が完成すれば石田流退治もできることが分かり収穫のあった一局。ただし後手の駒組みはあまりにも無策すぎる。第1図で△4五歩と動くべきだろう。

 金銀すべてが三段目より上に上がった陣形と、玉自らが強力な守備駒となり自陣をうまく支えた筆者らしい戦い方ができ、最終的には全駒(穴熊の姿焼き)となり個人的には満足している(とても某ネットゲームをやりながら指したとは思えない)。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/295-198f5625
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。