四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棒銀VS玉頭銀

 過去の筆者の実戦より。一度対戦したことがあり、三間飛車党だということが分かっていたので棒銀を採用して第1図。ここから予想だにしない展開を見せる。

第1図  第1図以下の指し手
        △5四銀 ▲2六銀 △6五銀
 ▲3五歩 △4五歩 ▲3三角成△同 飛
 ▲2二角 (第2図)

 三間飛車相手に棒銀を用いる筆者も筆者だが、まさかここで玉頭銀に来られるとは夢にも思わなかった。▲2六銀に対して△4三金を予想していたが、角頭は放置して△6五銀。▲3五歩に△4五歩と角交換に来たが、素直に応じて第2図では駒得が確定。気になる筋があるが……。

第2図  第2図以下の指し手
        △6四角 ▲1八飛 △3五歩
 ▲1一角成△3六歩 ▲2一馬 △5四歩
 ▲6六歩 △7四銀 ▲2二馬 △4三飛
 ▲4四香 △5三飛 ▲6五桂 (第3図)

 △6四角には▲1八飛でこの場合耐えている。3筋の歩を伸ばしている間に桂香を拾い、▲2一馬が6五の銀取りになるのが後手にとっての痛手。△5四歩の受けになおも▲6六歩と玉頭銀を責める。本譜は△7四銀と逃げたが、まだしも△7六銀▲5四馬△8五銀が優っただろう。

第3図 ▲2二馬の単純な飛車取りがことのほか厳しい。△3四飛なら▲3五香△1四飛▲1六歩で飛車は助からない。実戦は△4三飛だが、▲4四香、▲6五桂と得した駒を投資して大駒を殺した第3図は早くも先手勝勢。以下危なげなく勝ち切った。

 前の対戦では相振り飛車で敗北していただけに、その借りを返した一局。長年対振り飛車棒銀を愛用している筆者だが、さすがに玉頭銀で対抗されたのはこの一度限りしかない。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/293-3aa4fc9c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。