四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

『新・東大将棋ブックス 定跡道場 先手四間対左6四銀』考察その4

 今回は『新・東大将棋ブックス 定跡道場 先手四間VS左6四銀』第8章の「▲7八飛に△4二金上」の変化を研究する。

基本図 同著では基本図以下△7六歩▲同銀△8六歩▲同歩△7二飛▲7四歩△同飛▲6五歩△7七角成▲同飛△5三銀引▲7五歩△7一飛▲7八飛△7七歩▲同桂△8九角▲8八飛△5六角成▲8二角△8七歩▲6八飛△8九馬▲8七銀△7八歩▲7一角成△同銀▲8三飛△9二角▲8五飛成で「先手充分」というのが結論(第1図)。
 ここに至るまでの変化は『新・東大将棋ブックス 定跡道場 先手四間VS左6四銀』を参照して頂きたい。では早速この手順について検討してみたいと思う。

第1図 第1図に至るまでの手順中、▲8三飛に対して△9八馬と香車を取る手が昔から個人的には気になっていた。飛車を取られたくないと思えば▲8一飛成△8七馬▲7一飛成▲7七馬の変化に飛び込むしかないが、これでは自信がない。しかし△9八馬に▲同銀と取り、△8二香で飛車は死ぬものの以下▲同飛成△同銀に▲7八飛と歩を払った局面は振り飛車が指せるか(第2図)。
 9八にいる銀が一時的にひどい形だが、後手の8二の銀もうかつに動けない(▲7二角の筋をちらつかせる)。居飛車歩切れということもあり手を作るのは難しそうだ。第2図

 続いて基本図より△7六歩▲同銀△7五歩▲6七銀△7三銀引の亜急戦(準急戦)はどうか。これに対しては▲7六歩と反発し、以下△7四銀▲9五角△7六歩▲同銀△8六歩▲同角△7五歩▲同銀△同銀▲同飛△6六角▲7六飛△8八角成▲7一銀△8七馬▲4二角成△同玉▲7九飛という手順が『新・振り飛車党宣言!〈1〉最先端の四間飛車』P35に紹介されている。以下「どのように飛車を取っても馬が遊ぶ形で、振り飛車良し」とのこと(第3図)。△4二金直と上がっているので▲4二角成と切れるのが大きい。第3図

 戻って△8六歩のところ△9四歩▲5九角△8六歩▲同歩△7五歩の変化はどうか。▲同銀△同銀▲同飛△6六角▲7六飛(▲7七飛は△同角成▲同角△3三銀で自信なし)△8八角成▲7一銀△9八馬に▲7七飛と引くのが『新スーパー四間飛車1』及び『世紀末四間飛車―先手必勝編』で紹介されている好手で振り飛車が指せる。また『世紀末四間飛車―先手必勝編』には途中△6六角に▲8五飛と回る手が「世紀末流」として紹介されており、△8五同飛・△8四歩いずれも振り飛車良しと述べられている。

第4図 基本図以下からいくつかの変化を調べてみたが、居飛車が明確に良しとなる手順は発見できなかった。個人的には以前自戦記でも紹介した、第1図までの途中△8九馬に代えて△7四歩の変化が気になる。居飛車にもまだまだ隠された好手が潜んでいる可能性はあるが、現時点でのnusonoの結論は「基本図は振り飛車が指せる」ということにしておきたい。

 4回に渡ってお送りしてきた『新・東大将棋ブックス 定跡道場 先手四間対左6四銀』考察も今回が最終回です。明日からは自戦記に戻ると思いますが、今月に入って一局も将棋を指していないという現状なのでどうなることやら……。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/292-6676613a