四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『新・東大将棋ブックス 定跡道場 先手四間対左6四銀』考察その1

 本日より数回に分けて『新・東大将棋ブックス 定跡道場 先手四間VS左6四銀』と他の定跡書を照らし合わせて考察してみたい。まずは第3章の「△7二飛に▲7三歩の変化」から。

基本図 同著では基本図の先手9九香型、後手4一金型がメイン。ここから▲7三歩には△同飛が最善とされており、以下▲6五歩△7七角成▲同飛△5三銀引▲8二角△8八角▲7三角成△同桂▲7四歩△9九角成▲7三歩成△同銀▲7一飛△6二銀引▲9一飛成に△7一香が好手で「後手が指せる展開」と記されている(第1図)。
 ここまでの手順の変化、あるいは第1図以降の変化は『新・東大将棋ブックス 定跡道場 先手四間VS左6四銀』を参考にして頂きたい。なお蛇足ながら『四間飛車道場 左4六銀』では先後逆にして振り飛車6三歩型で同様の変化を「形勢不明」と結論づけている。第1図

 さて、では基本図で▲9八香と△4二金直の交換が入っているとどうなるか。
 基本図~第1図と同様の変化を選ぶと、△9九角成の時に後手の持ち駒に香車がないため△7一香が打てず、これは振り飛車有利の展開になることが予想される。
 よって▲7三歩には△同銀上を選択。『新・東大将棋ブックス 定跡道場 先手四間VS左6四銀』では1Pしか触れられていないが、一局の将棋とされている。以下▲6五歩△7七角成▲同桂△5三銀▲8五桂△6二銀引の局面で振り飛車がどう指すか(第2図)。第2図

 『四間飛車道場 左4六銀』P15では居飛車苦戦と表記されているが、この場合は4六歩型のため▲4六角と打てないため悩ましい。▲8三角は△8二飛▲7四角成で9八香型のため△6六角は甘いが、△8四歩と桂馬を殺されても、また△8九角と打たれても筆者としては自信がない。よって▲6七銀が有力と思われる。△7八飛成▲同銀の局面は『新・東大将棋ブックス 定跡道場 先手四間VS左6四銀』では「一局の将棋」となっているが、9八香型をとがめて△8八飛が気になる。

第3図 ▲7七角△7八飛成▲1一角成△2二銀▲1二飛△9九角▲1五歩と進んで第3図。4二金型のため△3一金と寄る補強は効かない。しかし第3図で△3一玉が気になる。次に△1一銀と取られてはまずいので▲2二馬△同角成、そこで▲1四飛成、及び▲2二同飛成△同玉▲1四歩△1二歩の変化はいずれも振り飛車自信なし。
 よって△8八飛には▲6七銀が最善だろう。以下△9八飛成▲8三飛と進めば振り飛車だけ桂馬を取れる展開が予想され、これは先手良しか。

第4図 そこで第4図に戻って居飛車の工夫を考えてみる。例えば△7九飛▲6七銀△7一飛成と自陣竜を作れば左辺は鉄壁だが、先手からの▲1五歩△同歩▲1四歩が気になる。取ればもちろん▲1二飛、手抜いても▲1四歩の取り込みが残る。しかし▲1四歩と垂らした瞬間に△8四歩と桂馬を殺しておいて▲1五香△1二歩と辛抱すれば、7一の竜の存在が大きく振り飛車も大変か。▲1三歩成△同歩▲同香成には△同桂と取っておいて、▲1四歩に△1二香打で逆に端を逆襲される展開になる。いざとなれば7一の竜も端攻めに参加できる形だ。

 第4図で△7九飛▲6七銀△7一飛成にじっと▲4五歩と突く手は有力か。次に▲6六角と▲4六角の両狙いがある。だが▲6六角の筋は△3三桂と受けても1一の香にヒモがついているのでやや甘く、▲4六角も△8二歩と辛抱されるとそれほど効果的とはいえない。

 というわけでnusonoの結論。もし▲9八香と△4二金直の交換が入っている場合、▲7三歩には△同銀上が有力。第4図以下△7九飛▲6七銀△7一飛成の自陣竜が手厚く振り飛車も手を作るのが大変、ということにしておく。振り飛車に良い手があったら是非教えて頂きたい。

 明日は『新・東大将棋ブックス 定跡道場 先手四間VS左6四銀』第7章の「▲7六同銀に△7五歩」の変化を考察してみたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/289-4d7a41a1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。