四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

大舞台にまさかのノーマル四間飛車登場

 竜王戦挑戦者決定戦3番勝負第2局という大舞台に、まさかのノーマル四間飛車が登場した。採用したのは森内先生。対する深浦先生の対策は居飛車穴熊。将棋は△5四銀型対▲7九金型から、紆余曲折あって第1図。先手も後手も手損しているが、お互い駒組みは飽和点に達している。『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』では△5四銀型に対しては5筋の位を取る形などが紹介されているが、本局はそれをせず松尾流に組み替えた。第1図から戦いがはじまる。

第1図  第1図以下の指し手
        △1五歩 ▲同 歩 △6五歩
 ▲同 歩 △1五香 ▲同 香 △6六歩
 ▲5七金 △6五桂 ▲5九角 △6四銀
 (第2図)

 △1五歩とこちらから仕掛けるのは鈴木大介八段がよく用いる手段だが、この場合の狙いは一歩取っての△6六歩にあった。▲5七金に△6五桂で先手の金は助からないが、▲5九角と香車にヒモをつけて先手も頑張る。次に▲3七角が王手になるので△6四銀と先受け。
第2図
  第2図以下の指し手
 ▲3七角 △4六歩 ▲同 歩 △7五歩
 ▲6九香 △5七桂成▲同 飛 △7六歩
 ▲6五歩 △7五銀 ▲4五歩 △7三金打
 ▲4四桂 △9五歩 (第3図)

 それでも▲3七角に△4六歩が手筋の突き捨て。▲同角は1五の香が浮き、▲同金は△4五歩があるので▲同歩は仕方ない。後手は金を取らず△7五歩。▲6九香は金を取ってくれという催促だが、△7六歩の取り込みも大きい。▲4五歩と王手をかけたものの△7三金打で後手陣は要塞のように堅い。▲4四桂に△9五歩と端攻めに活路を見出して第3図。第3図

  第3図以下の指し手
 ▲7七歩 △9六歩 ▲7六歩 △8四銀引
 ▲6六香 △7四金左▲6七飛 △6三歩
 ▲3二桂成△4五飛 ▲3三成桂△同 桂
 (第4図)

 端を手抜いて▲7七歩には驚いた。7筋の拠点は消えるものの、9筋の取り込みは大きい。▲6六香に△7四金左、▲6七飛に△6三歩はいずれも一手先に受ける習いある一着。先手は▲3二桂成~▲3三成桂と角を取って第4図。

第4図 リアルタイムでこの将棋を観戦していた筆者は「まさかここで▲4六歩はないよな」と思っていたら、なんと次の一手はその▲4六歩だった。しかしこれが最終的な敗着か。深浦先生も「ひどい手でした。あとはダメです」と振り返っているように、自らの角筋を止めるプロならまず指さない一手だ。以下△2五飛▲2八歩△7五歩▲4二角△7六歩▲3三角成△7五桂と進み、最後は厚みと端攻めで後手が快勝。金銀五枚の要塞は終局まで崩れることはなかった。

 やはり四間飛車側も銀冠に組めば居飛穴相手でも充分に戦えるということだろうか。そして穴熊はいかに9六歩型といえども端を手抜くべきではないのだろう。鉄板流の受けで名高い森内先生が、鉄板の厚みで居飛穴を押し潰した会心譜。ノーマル四間飛車党に勇気を与えてくれた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/288-c742bd67