四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学習能力がないらしい

 どうやら筆者には学習能力がないようである。それを証明するのが第1図からの手順だ。どこかで見たことがあるような……。そう、つい先日取り上げたばかりの豆腐になってしまった穴熊にそっくりではないか。そしてここでの最善手は▲6四歩だと調べたばかりではないか。だというのに実戦の進行は……。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲4五歩 △8六歩 ▲同 歩 △2四角
 ▲4四歩 △同 銀 ▲同 銀 △同 金
 ▲4六歩 (第2図)

 今度は▲5四歩ではなく▲4五歩を選択。8筋を突き捨てられて△2四角と飛車取りに覗かれてしまった(いちおう読み筋には入っていたが……)。▲4四歩以下銀交換を果たしたものの、依然として飛車取りが残っている。それを受けて▲4六歩では明らかに変調。第2図では早くも苦戦を覚悟したが。

第2図  第2図以下の指し手
        △5五歩 ▲2五歩 △4二角
 ▲4一銀 △3一金 ▲5二銀成△3三角
 ▲4五桂 △同 金 ▲同 歩 △7六歩
 ▲6六角 △8六飛 ▲8八歩 (第3図)

 追随するかのように後手の手もぬるい。▲2五歩は自玉が高美濃・端攻めがしずらくなるなどの理由で突きづらいが、持駒の銀を駆使して角を追い掛け回け▲4五桂で駒得が確定。しかし直後の△7六歩▲6六角△8六飛も厳しい。▲8八歩と受けて第3図。

第3図  第3図以下の指し手
        △4六歩 ▲3七金 △8二飛
 ▲5三成銀△5六歩 ▲4四歩 △5七歩成
 ▲同 角 △7七歩成

 △4六歩▲3七金は効かすとして、そこで△8二飛と引くのも何か居飛穴らしからぬ慎重すぎる一手。普通に▲5三成銀と引いて、△5六歩に▲4四歩と突いた局面では△5七銀が来ると思ったが、本譜は△5七歩成▲同角△7七歩成と進む。振り飛車側としては手抜くならこの瞬間しかない。

第4図  第4図以下の指し手
 ▲4三歩成△6八と ▲3三と △同 桂
 ▲4六角  △5八と ▲同 金 △5六飛
 ▲7三角成(第5図)

 第4図で▲7七同桂は△4四角で論外。ゆえに▲4三歩成以下飛車角交換は必然である。▲3三と△同桂で穴熊のパンツを脱がすことに成功したが、▲4六角に△5八と▲同金△5六飛が筆者の見落としていた両取りで厳しい。格言に従って▲7三角成と開き直った(▲5九歩の方がマシか……)のが第5図。

第5図 ここで△5八飛成だったらおそらく寄せ合い負けだったと思うのだが、何故か相手は△8八飛成と来たため▲5九歩と受けていっぺんにおかしくなった。以下△5三飛▲6四馬△5八飛成▲同歩△8九竜▲4九歩△4五桂打に▲5四角が▲2一飛以下の詰めろとなり完全に形勢は逆転。先手玉は薄いようで上部が広く妙に耐久力がある。以下△4二歩▲5一飛△3七桂成▲同銀の局面はすでに後手受けなしのようだ(埋めるとしたら△2一桂だが、▲同角成△同金▲同飛成△同玉▲3二金△同玉▲4四桂△2一玉に▲4三馬で合駒が悪く詰み)。実戦は△2一金打だったのでもっと分かりやすく詰まして勝ち。

 筆者も筆者でまったく「覚える」ということをしていないことが分かったが、その変な指し手が相手(7000局近く指してる六段)にも伝染してしまったようである。あるいは元々こういう棋風なのか?だとすれば居飛穴には向いていないと思うのだが……。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/285-205e0bf9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。