四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡は起きるか?慣れない右銀急戦を採用

 予告通り前日と同じ五段との対戦。筆者はまたも後手番。今度は四間飛車美濃で相手は来た。棒銀を採用しようかとも思ったが、気がついたら何故か右銀を繰り出していた。注目すべきは先手の▲9六歩・9七香、そして3九玉型。これを見て作戦を「右銀急戦を見せてからの左美濃」から「本物の右銀急戦」に決めた。定跡通り進んで局面は第1図。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲8三角 △7三飛 ▲6一角成△6六銀
 ▲7四歩 △同 飛 ▲8五銀 △7七飛成
 ▲同 桂 (第2図)

 第1図で▲8三角は『新・振り飛車党宣言! 1 最先端の四間飛車』P14に載っている手だが、この場合は単に▲6七銀の方が嫌だった。△7三飛は最善の逃げ場所。▲6一角成に△8八角は9七香型のため効果が薄いので△6六銀。以下も定跡通り進み、第2図は同著P16参考図では振り飛車良しと結論づけられているが、次の一手に期待した。第2図

  第2図以下の指し手
        △7五角 ▲8二飛 △4二金寄
 ▲7六歩 △9七角成▲7四銀 △5三馬
 ▲8一飛成△5五香 ▲6四歩 △同 歩
 (第3図)

 9七香型をとがめて△7五角が攻防の一手。5七の地点をも睨んでいる。▲8二飛△4二金寄に▲6四歩は△同角の予定だが、その方がアヤがあった。▲7六歩は完全なお手伝いである。▲7四銀に△5三馬と引き付けて後手陣は堅い。しかし先手も第3図で渾身の一手を放つ。第3図

  第3図以下の指し手
 ▲6三桂 △2二玉 ▲4一桂成△3二金上
 ▲7二竜 △5七香成▲5九金引△1五歩
 ▲6三銀成△同 馬 ▲同 竜 △1六歩
 ▲6二角 △1七歩成(第4図)

 ▲6三桂が垂れ歩ならぬ「垂れ桂」だが、実は読み筋で△2二玉▲4一桂成△3二金上でなんとかふんばる。5三の馬の存在が大きい。△5七香成▲5九金引を決めてから△1五歩が急所。△1八飛の筋があるため▲同歩とは取れない。第4図
 最終的な敗着は▲6三銀成ではないだろうか。△同馬▲同竜の瞬間に先手の竜が働かないので、△1六歩の取り込みが厳しい。▲6二角にも構わず△1七歩成。依然として▲同香とは取れない。実戦は以下▲1七同桂△1八歩▲同香△7七銀不成(桂馬を拾う手がぴったり)▲1六歩△2四桂▲5四竜△1九飛▲2九銀(合駒がない。もちろん▲2八玉は即詰み)△1六桂▲3八金△6六銀不成(決めるだけ決めて成香取りを受ける)▲2六角成△5八歩▲1四歩△5九歩成▲1六馬△4九と▲2八玉△2九飛成まで。奇跡は起きた。

第5図 投了図以下▲同玉の一手に△4八成香で先手玉は寄り筋。後手玉にはまともな王手すらかからない。

 ▲9六歩、9七香型、そして3九玉型をとがめた会心の一局。一時右銀急戦は振り飛車側をもって熱心に研究していたが、まさか自分で採用してしかも勝利をおさめるとは夢にも思っていなかった。本当に成立しているかどうかは微妙な仕掛けだが、慣れない戦法を使っているとは筆者自身も信じられないほどの指し回しを見せることができ、大変自信になった。だが今後この戦法を採用する日は来るのだろうか……。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/283-0e61912f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。