四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五段の四間穴にも角田流が効いた

 筆者の実戦より。相振り飛車の苦しい将棋を時間切れ勝ちで何とか制して向かえた同じ相手との勝負、相手の四間飛車穴熊に私は定番の角田流を採用。第1図はいったん8八に回った飛車を▲6八飛と戻したところだがこれが疑問だった。お決まりの攻め筋を今こそ見せる時だ。

第1図  第1図以下の指し手
        △8六歩 ▲同 歩 △8七歩
 ▲3五歩 △同 角 ▲6四歩 △同 歩
 ▲同 飛 △8八歩成(第2図)

 △8六歩▲同歩△8七歩が『攻める振り飛車―四間飛車穴熊&力戦振り飛車』で鈴木大介八段が喰らった、このブログでも何度か紹介している一連の手順。ただし先手陣もしっかりしているので恐い意味もある。案の定▲3五歩の反撃が来た。△同歩は▲3四歩で論外なので△同角は仕方ない。6筋の飛車先を切られて恐いが、△8八歩成とこちらも我が道を行く。第2図

  第2図以下の指し手
 ▲5四飛 △2三銀 ▲4五銀 △7八と
 ▲3三角成△同 玉 ▲2五桂 △2四玉
 ▲3六銀 △5三角 ▲3五歩 △6三角
 (第3図)

 もちろん手抜かれることは想定の範囲内。さすがに▲3四飛は許せないのでいったんは△2三銀。▲4五銀に△7八と▲3三角成△同玉。この瞬間が恐いが▲2五桂に△2四玉と逃げて何とか受け切りをはかる。▲3六銀△5三角には▲同飛成の方が嫌だった。第3図
 本譜は▲3五歩だったため第3図の△6三角が痛打。以下▲5三飛成△同銀▲5五角△3六角まで勝利。

 戻って第1図で▲6八飛に代えて▲4七金なら△8一飛▲4五歩のような展開が予想される。これは『四間飛車道場 第9巻 持久戦VS穴熊』の第三章「8筋交換型」のP149A図そのものである。なぜ先後逆なのに同一局面になるのか?それは角田流側が2筋の歩を交換する前に▲4五歩を決めておらず、居飛車が一手得して5三に角を引いているからである。五段といえどもそこまで完璧に対処しきれなかったというわけか。

 予告:次回も同じ五段との対局を紹介。奇跡の3連勝なるか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/282-f457a075
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。