四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乱暴な右玉

 本来右玉は受け身の戦法である。ところが対振り糸谷流右玉は攻撃力も比較的高いのが特徴だ。先手初手▲5六歩から三間飛車に振り直して、第1図は銀冠への組み替えを狙い相手が銀を上がったところ。チャンスはここしかない、と思って仕掛けてみた。

第1図  第1図以下の指し手
        △4五歩 ▲同 歩 △同 桂
 ▲4六金 △4四歩 ▲3八金 (第2図)

 △4五歩▲同歩△同桂と動くのが1三の角をからめた動き。▲4五同銀なら△5七角成▲同角△6七金の予定。厳密に成立しているかはどうかは微妙だが、先手も横ががら空きのため恐い部分はあるだろう。
 本譜は▲4六金と自重してきたのでこちらも△4四歩。▲3八金と組んだ第2図から、乱暴第2弾を開始する。

第2図  第2図以下の指し手
        △8六歩 ▲同 歩 △4六角
 ▲同 角 △8六飛 ▲8八歩 △6六飛
 ▲4七銀 △6九飛成▲7九飛 △6七竜
 ▲2二角 △5七桂成▲同 角 △同 竜
 ▲1一角成△6八竜 ▲7七飛 △6六角
 ▲8七飛 △8五歩 (第3図)

 △8六歩▲同歩△4六角とばっさり切って、▲同角に△8六飛と走るのがおよそ右玉らしからぬ動きだが、前述の順に比べれば成算はあった。▲8八歩に△6六飛で飛車成りは受からない。第3図
 ▲4七銀と固められ、△6九飛成にも▲7九飛とぶつけられるのが少々しゃくにさわるが、△6七竜と引いておく。▲2二角に対して△2一金と角を殺す手も見えたが、手の流れに載って△5七桂成を選択。▲1一角成なら△4七成桂▲同金△5八銀の予定だった。本譜は▲5七同角△同竜▲1一角成だったため、△6八竜、△6六角と大駒を急所に配置。▲8七飛に△8五歩と受けた第3図では指せると感じた。以下▲5四歩△3九金▲1五歩△3八金▲同銀左△5四銀左▲5七歩△7六金▲5六香△6五銀▲5五桂△8七金▲同歩△5七角成▲4四馬△5六馬▲4三桂成△同金▲同馬と進み第4図。第4図
 次に▲6一金で一手詰めがあるのでそれを防いで△7一玉は当然。8筋に歩が利かないので意外と後手玉は寄せづらい。ここから実戦は▲3九金△3五桂▲4八歩△8二玉(△4一香だったか)▲3六銀?△4七歩▲同歩△4六歩▲同歩△4七歩▲4九金打△4八香▲5九金打と使わせるだけ使わせてから△7八竜とかわし、▲4八金左△同歩成▲同金△8三玉以下攻めを見せながら間合いを取りつつ入玉して勝ち。参考までに投了図を掲載しておく。
 自陣に取られる駒がほとんどなく、大駒三枚持った筆者の点数勝ちは一目瞭然である。

投了図 第1図からの乱暴な攻めは成立しているかどうか微妙だが、第2図からの手順にはちょっと自信があった。第4図以下はまさに故・升田幸三実力制第4代名人が得意とした「攻撃防御」(詳しく知りたい方は故・真部九段著の『升田将棋の世界』を参照)といった雰囲気をかもし出しており、個人的には満足している。
 入玉はあまり上手ではない筆者であり、事実投了図の少し前に銀の両取りを見落としているのだが、持将棋になれば小駒は銀であろうと歩であろうと取られても一点、と開き直ることができた。やや受けすぎの先手に助けられた感もあるが、納得のいく糸谷流右玉の一局。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/281-3a221df0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。