四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

豆腐になってしまった穴熊

 筆者の実戦より。先手四間飛車対後手居飛車穴熊となり、後手が△4二角から6筋の歩を交換する手に対して、振り飛車が▲7五歩~▲5五歩と仕掛ける定跡形となって第1図。
 先後の差はあれど、『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』P107の第5図から振り飛車が▲同歩と取った形とほとんど変わらない。同著では△5四歩が最善とされているが……。

第1図  第1図以下の指し手
        △7五歩 ▲5四歩 △同 銀
 ▲4四銀 △同 金 ▲同 角 △8六飛
 ▲8八歩 △6七歩 ▲5八飛 △5七歩
 ▲同 飛 △5六歩 ▲6七飛 △5五銀打

 後手は△7五歩を選択。『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』には一言も触れられていない手だ。▲5四歩△同銀▲4四銀に△5五歩を予想していたが、またも外れで△同金。金銀交換後△8六飛にも▲8八歩としっかり受ける。△6七歩は手筋だが、▲5八飛が銀取りとなるのがポイント。第2図の△5五銀打に対しては……。第2図

  第2図以下の指し手
 ▲2二角成△同 金 ▲1四歩 △同 歩
 ▲1三歩  △同 香 ▲8七飛 △同飛成
 ▲同 歩  △7六角 ▲2五桂 △7九飛
 ▲5八歩 (第3図)

 理屈抜きに切る一手(だと思う)。△同金に1筋に味をつけてから▲8七飛とぶつける。謝った歩がこんなふうに活用されるとは望外の展開だ。以下後手は攻め合ってくるが、▲5八歩としっかり受けて大丈夫。実戦は第3図から△5七歩成▲同金△6五桂▲4七金まで。第3図
 居飛車側にあまりにも遊び駒が多く、肝心の穴熊も金一枚では豆腐も同然。対する振り飛車は左の桂香以外すべてさばけ、自陣も安泰。次の▲1三桂成があまりにも厳しい。およそ五段らしくない指し回しだった。
 しかし第1図から△7五歩に▲5四歩が最善とは思えず調べたところ、『四間飛車道場 第12巻 続・居飛穴』P27に類似系(もちろん先後逆だが)を見つけた。△7五歩には▲6四歩△同銀▲4四銀が正しいらしい。なるほど、やはり本譜は最善ではなかったか。
 相手のミスに助けられたとはいえ、穴熊を激薄にしてからの▲8七飛のぶつけが味良く、久しぶりに四間飛車対居飛穴で快勝した一局。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/280-b4e8e9ba