四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待望の居飛車穴熊「参考書」が登場

 数多ある定跡書の中でも四間飛車を題材としたものは一番冊数が多い。だがその内容はというと5七銀左に代表される急戦を扱ったものが目立ち、案外と居飛車穴熊に触れているものは少ない感がある。
 そんな中、処女出版の『急戦編』に続き、渡辺竜王の『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』が刊行された。早速購入して一読。感想は「分かりやすい」の一語に尽きる。
 冒頭でも述べた通り、いわゆる居飛穴本は意外と数が出ていない。近刊本の中では『最強居飛車穴熊マニュアル』あるいは『東大将棋 四間飛車道場』シリーズくらいだろうか。しかし前者は対藤井システム、対四間飛車穴熊、あるいは居飛穴がうまくいかない際のミレニアムにまで言及の手を広げており、必然的に個々の内容が薄めとなっている。後者は定跡書というよりはむしろ辞書的意味合いが強く、一定の知識を得た上で使うべき書物のように思える(辞書のみで語学を習得することの困難さを思い浮かべて頂きたい)。
 『東大将棋』シリーズが辞書なら今回の『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』は参考書、それも対象範囲が広く上質の部類に属するものである。居飛穴黎明期からの歴史を簡潔に振り返り(筆者元愛用の浮き飛車がなぜ廃れたのかも記してあった)、単なる手順の羅列だけではなく全体的な方針の解説にも余念がない。おかげで文中に頻出する「松尾流に組めれば勝率8割」というフレーズは、既に脳裏に焼きついてしまった。
 もはや「この一冊でバッチリです」(渡辺明ブログより抜粋)を通り越して、この一冊がないと始まらないの域に達している。穴熊党はもちろん振り飛車党も、悪夢のフレーズ「勝率8割」を断ち切るために熟読玩味されたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/28-dcf75d0c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。