四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(松尾流)居飛穴なんかコワくない~右玉の逆襲~

 本日のタイトルの元ネタが分かる人は少なくとも三十路は超えているものと思われる。ぎりぎり昭和のころに発売された棋書のタイトルを一部変更したものだ。詳しく知りたい方はこちらへどうぞ。
 後手番なので右玉に組んだところ、相手は矢倉→穴熊、さらに右銀まで引き付けて松尾流穴熊を完成させた。その間筆者といえば茫洋と駒組みを進め、3筋の歩を交換しただけ……と第1図を見れば思われるかもしれない。しかし相手が7九に引いた銀を再び6八に上がったことにより、こっそり狙っていた筋を実行に移した。

第1図  第1図以下の指し手
        △3四銀 ▲2四歩 △同 歩
 ▲同 飛 △2三金 ▲2八飛 △2六歩
 ▲同 角 △同 角 ▲同 角 (第2図)

 △3四銀と出るのが2五の歩をかすめ取ってしまおうという一手。▲1七桂なら△1四歩と突く予定だった。本譜は▲2四歩だがこれはもちろん誘いの隙で、△同歩▲同飛に△2三金と力強く上がる。▲2八飛に対して△2四歩なり△2五歩なりと収めておいても充分だが、あえて△2六歩。角交換後、一歩損の代償をどこに求めるか。第2図

  第2図以下の指し手
        △6九角 ▲7九金 △4七角成
 ▲3五歩 △2五銀 ▲4八歩 △3八馬
 (第3図)

 7八の金が浮いているので△6九角は有段者なら一目だろう。第1図の▲6八銀をとがめた格好だ。馬を作りつつ歩損を手順に解消。▲3五歩はノータイムで突いてきたが、こちらもノータイムで△2五銀。▲4八歩は秒に追われた悪手で、△3八馬で飛車が助からなくなってしまった。第3図
 実戦は以下▲2五飛△同桂▲2四歩△同金▲3三角△2三金▲4四角成△4一飛▲5三銀△同金▲同馬△6二銀と進む。もし4八の歩がなければ▲8二金△6一玉(△同玉▲6二馬△7二金は▲6三馬~▲5二銀がある)▲4二歩で攻めが続くのだが、残念ながら先手の持駒は金のみ。▲4二金△5三銀▲4一金△9一飛以下、謹んで全駒にして差し上げた(▲2一飛?△3二角▲1一飛成△4一飛▲同竜△同角▲2一飛△3二角▲3一飛成△4一金▲1一竜△2一歩……)。
 右玉相手に松尾流穴熊は攻め駒不足で不優秀ではないか、というのが筆者の仮説である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/279-58a6bf81
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。