四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

糸谷流右玉~対向かい飛車編~

 筆者の実戦より。▲7六歩△3四歩▲6六歩△3三角の出だしからの向かい飛車に対して例のごとく対振り糸谷流右玉を採用、6七銀型ではなく5七銀型なのがいつもと違うところ。6筋の歩を交換したところ△6二飛と回られたため▲5五歩と牽制、対する後手の△1三香が結果的には緩手となった。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲2九飛 △5四歩 ▲2五歩 △5五角
 ▲6六歩 △1五歩 ▲2四歩 △2八歩
 ▲同 飛 △1六歩 ▲1八歩 △6五歩
 ▲5六歩 △7三角 ▲2三歩成(第2図)

 飛車を再び2筋に戻した。対して△2二飛や△2五桂なら違った展開になっただろう。本譜はお互いに我が道を行く。途中で△2八歩と打ったのが余計で、一歩を与えたため△6五歩に対して▲5六歩と受けることができた。仕方のない△7三角に▲2三歩成が実現。香取りである。

第2図  第2図以下の指し手
        △6六歩 ▲同 角 △5三金
 ▲6七歩 △8四角 ▲1三と  △6六角
 ▲同 歩 △1三桂 ▲2三飛成△8八角
 ▲9七香 △7九角成▲1三竜 △8九馬
 (第3図)

 △6六歩▲同角△5三金と飛車先を通すものの金が玉から離れた。▲6七歩△8四角で角交換をさけて▲8八角もあったかもしれないが、先に▲1三とと香を取る手も大きい。以下先手は竜を、後手は馬を作り、それぞれ桂馬を取り合って第3図。美濃崩しの手筋は……。第3図

  第3図以下の指し手
 ▲8六桂 △6三銀 ▲4五歩 △5五歩
 ▲4四歩 △5六歩 ▲同銀右 △5五歩
 ▲4七銀 △1七歩成▲同 歩 △1二歩
 ▲2三竜 △2二歩 ▲2九竜 (第4図)

 6二に飛車がいる形なので▲8六桂がことさら厳しい。△6三銀で飛車先が止まったので▲4五歩と攻勢に出る。以下5筋の位を取られたものの、銀取りが残っていて後手忙しい。△1七歩成以下丁寧に相手をして、▲2九竜と馬取りに引く手がぴったりとなった。第4図

  第4図以下の指し手
        △5六桂 ▲同銀直 △同 馬
 ▲同 銀 △同 歩 ▲4四歩 △4六銀
 ▲4七金右△同銀成▲同 玉 △4四金
 ▲3三角 (第5図)

 やむを得ず後手は5六の地点で清算してきたが、▲4四歩と銀を取り返して駒割りはほぼ先手の角得。あとは相手の攻めを切らすのみ。△4六銀に▲4七金右は指した感触が悪かったのだが、△同銀成▲同玉△4四金に▲3三角が5五への進出を許さない手で勝利を意識した。第5図

 第5図以下は△5五銀▲4六歩△4五歩▲同桂△同金▲同歩△5七金▲3七玉△4四歩に▲5九金まで。最後まで8六の桂馬が後手の攻めを緩和する抑止力となってくれた(△5四銀と出られない)。

 第1図で△1三香に代えて△5四歩ならば大変だっただろう。いくらツノ銀ではないからと言って、あまり6筋交換型は優秀ではなさそうである。相振り飛車をあまり好まなくなった筆者の、糸谷流対振り右玉の試行錯誤の日々はこれからも続く。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/278-e94dfa35