四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五段の5筋位取り左美濃と対戦

 筆者の実戦より。教わるつもりで五段相手にフリー対局を挑み、先手番となったので四間飛車を採用。対する後手は5筋の位を取ってから左美濃に組むという作戦を立ててきた。第1図から先手はどのようにして駒組みを進めていけばいいのだろうか。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲2六歩 △7四歩 ▲4七金 △3一角
 ▲8八飛 △4四歩 ▲5六歩 △同 歩
 ▲同 銀 △5五歩 ▲6五銀 (第2図)

 天守閣美濃攻略の糸筋として▲2六歩突きは必須。高美濃に組んで△3一角▲8八飛を利かされるのは仕方ない。ここで△7三桂なら『定跡外伝2』P68の第2図から6手進めた図とほぼ同一(本局は先手なので▲2八玉の一手が入っている)となる。同著と同じように▲5六歩と動くのが急所。△同歩▲同銀△5五歩に▲6五銀(『定跡外伝2』では▲4五銀)とぶつける。第1図

  第2図以下の指し手
        △6五同銀▲同 歩 △5四銀
 ▲6六銀 △8六歩  ▲同 歩 △7三桂
 ▲5五銀 △6五桂  ▲6六角 △5五銀
 ▲同 角 △8六飛  ▲同 飛 △同 角
 ▲2五歩 (第3図)

 第2図では△4三銀引を予想していた。以下▲7四銀△8四飛▲6五銀△6四歩で銀を殺されてしまう……ではなく▲6五銀の代わりに▲7五歩が読み筋。7六への逃げ道を作ろうというわけだ。第3図
 本譜は△6五同銀▲同歩△5四銀▲6六銀と進み5筋の位を後手は守れない。△8六歩▲同歩△7三桂以下暴れてきたが、平凡に対処して飛車交換にも素直に応じ、第3図の▲2五歩が急所中の急所。後手は桂馬がさばけたが角がそっぽ、玉頭の傷を攻められておりここでは振り飛車良しだろう。△3三銀打とでもして粘ってくるかと思ったが、△6八角成だったため▲2四歩△同玉▲4四角まであっけなく勝利。
 この形は△6四角~△7三桂と組まれる前に▲5六歩と動くのがポイント。持久戦になっては進展性に乏しい四間飛車側が作戦負けになる。ちなみに『定跡外伝2』では△4四歩に代えて△7三桂以下▲5六歩△同歩▲同銀△5五歩▲4五銀△同銀▲同歩△3三桂▲6八角……とやはり左美濃の玉頭を狙う手順が紹介されている。また△7三桂ではなく△6四角でも同様に▲5六歩がある。つまり△7三桂・△6四角の両方を許す前に動くべし、ということだ。是非参考にして頂きたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/276-20e19be2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。