四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

消えた戦法の謎~△4四角(▲6六角)型ミレニアム~

 今回のタイトルの元ネタはそのまま『消えた戦法の謎』から。文庫版も絶版(筆者は単行本版を所持)のようだが名著である。読む機会に恵まれれば熟読すべし。
 さて本題に入る。筆者の先手四間飛車に後手(四段に近い三段)は第1図のような陣形を採用。めっきり姿を見せなくなったミレニアム風、しかも旧式とされる△4四角型である。これに対しての対策は……。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲5六歩 △2一玉 ▲2八玉 △3二金
 ▲5八飛 △5三銀 ▲7八金 △4二金右
 ▲6五歩 (第2図)

 実は後手の戦法をミレニアムと決め付けるのは時期尚早。▲2八玉や▲1五歩を急ぐと地下鉄飛車にされ端を狙われる危険性がある。詳しくは『羽生善治の戦いの絶対感覚』P13(テーマ2)や第13期竜王戦七番勝負第3局(藤井-羽生戦)を参照のこと。本譜は△2一玉だったのでその可能性は消えた。中飛車に振り直すのが6九金型を活かした構想。第2図
 以下後手は黙々と玉を固めるがこれは無策。△7四歩~△7三桂を急いで▲6五歩を牽制すべき。第2図となっては角交換は避けられず、早くも作戦勝ちを意識した。

  第2図以下の指し手
        △1四歩 ▲5九飛 △2二銀
 ▲4六歩 △7七角成▲同 桂 △4四銀
 ▲6四歩 △同 歩 ▲6三角 (第3図)

 あわてて先手から角を換える必要はない。じっくりと陣形を整える。結局後手から角交換をして△4四銀と5筋の歩交換を防いできたが……。第3図
 この瞬間に隙あり。▲6四歩△同歩▲6三角と打ち込んで第3図。次の▲8五角成と▲5四角成の両狙いが受からない。一方の先手陣は角打ちに強い形だ。

  第3図以下の指し手
        △8六歩 ▲同 歩 △3五銀
 ▲5四角成△4六銀 ▲4七歩 △3五銀
 ▲6四馬 △6六歩 ▲同 銀 △2四銀
 ▲5五歩 △4五角 ▲6七歩 (第4図)

 8筋の歩を突き捨ててから△3五銀~△4六銀と出てきたが、冷静に▲4七歩と対処。第4図
 単に▲6四馬でも構わないのだが万全を期した。馬を作り一歩得で振り飛車優勢である。後は手薄な5筋の歩をゆっくり伸ばしていけばいい。△4五角にも▲6七歩と受けて第4図。
 実戦は以下△1五歩▲4六歩△7二角▲1五歩△同銀▲5四歩△5二歩▲6五桂と進み、端は破られたものの▲7三桂成が実現、角を召し取り2八の玉を左へ上へと動かして入玉を確定させて勝利。参考までに投了図を掲載しておく。
 この「中飛車転換作戦」は『四間飛車道場 第1巻 ミレニアム』のP156~165に詳しく解説されているが、△7三桂(▲3七桂)を跳ねた形でもほとんどの変化が振り飛車指しやすいと結論投了図づけられている。
 同著はかなり居飛車側びいきの内容になっており、その中でこれだけ四間飛車側が優位だと記されているということは非常に優れた作戦であることの裏返しとも言えよう。『鉄壁!トーチカ戦法』にもこの形は載っていたはずだが、うっかりして手放してしまった(古本屋に売ってしまった)。そちらでは居飛車側も戦えるという内容もあった記憶があるが、興味のある方は参考にして頂きたい。
 本局は出来過ぎであるが、この作戦が△4四角(▲6六角)型ミレニアムを衰退させた要因の一つであることは間違いないだろう。とはいえミレニアム全般が最近は「消えた戦法」と化しつつあるわけだが……。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/275-b506775f