四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

ゴキゲンかフキゲンか

 筆者の実戦より。初手▲5六歩からゴキゲン中飛車にしてきた相手に対して右玉を採用、その後先手は三間飛車に振り直して一歩交換し、さらに桂馬も交換してきて迎えた第1図。とりあえず銀を逃げる一手だが、さてどちらに引いたものか?ちなみに相手は先日紹介した「糸谷流対振り右玉炸裂」と同一人物(最高四段の三段)だったのだが、対局中は気づいていなかった。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲5六銀 △7五桂 ▲6八金 △8七桂成
 ▲7六飛 △8五歩 ▲6六飛 △7三金
 ▲5七桂 △8六歩 (第2図)

 ▲5六銀とこちら側に引いたので密かに狙っていた△7五桂を着手。端角を成られないようにするためには▲6八金と逃げるよりないが、△8七成桂が実現した。▲7六飛に△8五歩と突いて△8六成桂を見せたが▲6六飛と先逃げ。△7三金と6筋を受けたが▲5七桂と打たれ、ここで△7七成桂は▲5八金寄で逆先になってしまう。そこで△8六歩と溜めたが……。第2図

  第2図以下の指し手
 ▲4六歩 △同 角 ▲6五歩 △7七成桂
 ▲同 金 △5七角成▲6四歩 △同 銀
 ▲7六桂 △6六馬 ▲同 金 △6三歩
 (第3図)

 ▲4六歩が「大駒は近づけて受けよ」の格言通りの好手。△同角▲6五歩に△7七成桂を決行したが、ここでもし▲6四歩だったら困っていた。取れば▲6五銀が角取りになるし、△7二銀とへこむようでは▲5八金寄△8七歩成▲6五桂くらいで潰されそうだ。第3図

 ところが本譜は▲7七同金だったため△5七角成で急に視界が開けてきた。以下▲6四歩△同銀▲7六桂に△6六馬と飛車を取れたのは大きい。▲同金に△7五銀とぶつけるのは恐いので△6三歩と辛抱して第3図。
 実戦はここから▲8三歩△同飛▲6五銀△6九飛に▲4八角打?と進んだため△6五銀とポロっと取れてしまい、戦意喪失したか相手が投了、あっけなく勝ちが転がり込んできた。
 とりあえずゴキゲン中飛車を撃退(とはいえ早々に三間飛車に転換しての戦いだったが)、相手をフキゲンな気分にさせることに成功。同格くらいの相手の振り飛車に一応それなりに通用するということは、糸谷流右玉も少しは板についてきたということなのだろうか。今後も経験を積んでみたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/273-0e077aa7