四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清水上アマ強し

 引き続き前日行なわれた第3回朝日杯将棋オープン戦の清水上アマ-上野戦を紹介する。初手▲5六歩から中飛車に組んだ清水上アマが自ら角交換をし、『角交換振り飛車 基礎編』のように向かい飛車に転じるかと思いきや中飛車のまま5筋の歩を交換したのに対して、後手の上野五段が△3五歩と位を取ったのが第1図。筆者個人の主観ではこういう風に位を取られるのは嫌味(通常の四間飛車対玉頭位取りなら別に構わないが)に感じるが、ここからの清水上アマの構想が素晴らしかった。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲4七銀 △3四銀 ▲3八金 △4五歩
 ▲同 歩 △同 銀 ▲4六歩 △3四銀
 ▲5七銀 △3三桂 ▲5六銀直△2四歩
 ▲4五歩 (第2図)

 木村美濃に組み替えている間に後手は4筋の歩を交換したが結果的にはこれが裏目に出た。6六の銀を5七~5六と活用したのがうまく、▲4五歩と突いた第2図では後手の歩交換を逆用した形になっている。もちろんこの歩を取れば直後に▲4六歩と桂馬を殺されることになる。

第2図  第2図以下の指し手
        △6四歩 ▲6六歩 △4四歩
 ▲6五歩 △4五銀 ▲同 銀 △同 歩
 ▲6四歩 △7四角 ▲6五銀 △4四銀
 ▲7四銀 △同 歩 ▲6三歩成(第3図)

 「▲4五歩と位を取られ桂まで跳ねられる形なんて、ひどいですね」局後第2図を上野五段はこう語っている。△6四歩はその桂跳ねの防ぎだが、悠々と▲6六歩(「これが間に合うようでは、そうとうひどい」)。プロ筋の見方では既に後手形勢を損ねているということか。

第3図 以下△4四歩と合わせるも構わず▲6五歩と突かれ、銀交換後に▲6四歩。これを△同銀は▲4四歩が痛打となるので△7四角は非常手段だが、冷静に▲6五銀と打ち、▲6三歩成とと金を作った第3図は先手優勢。以下△5五銀打▲5三歩△4六歩から後手も懸命に攻めるものの、筆者の寝ぼけ頭でも切れ筋なのは明らか。清水上アマが冷静に受け切り、▲5二歩成~▲4二と△同飛▲5二と(先手の飛車は手順に6筋に回っている)の局面で投了となった。

 上野五段には大変失礼だが、どちらがプロか分からないくらいの見事な指し回しで連勝。清水上アマ強し。これで対プロ戦は堂々の8勝7敗の勝ち越しである。「通算10勝以上かつ良いところ取りで勝率6割5分以上でフリークラス編入試験受験資格獲得」という規定があるらしく、連勝すればそれも夢ではないが……小学生時代より強豪として名をはせたにも関わらず奨励会入りをしなかった氏が、規定を満たした場合にどのような選択をするのか。それを見てみたい気もする。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/270-9211bd72
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。