四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先手四間飛車対後手6五歩早仕掛け △6五同桂

 後手四間飛車に対して先手が急戦を仕掛ける形は、従来の定跡書で数多く解説されてきた。しかしこれが先後逆となると途端に見当たらなくなる。中でも先後の差が大きい△6五歩早仕掛けに今回は焦点を当ててみたい。
第1図 四間飛車が先手の場合、居飛車が△4二金直も入れて駒組みを進めると第1図のようになる。▲3七桂の一手が入っているのがどのように影響するだろうか。

  第1図以下の指し手
       △8六歩 ▲同 歩 △6六歩
 ▲同 銀 △6五歩 ▲同 銀 (第2図)

 先手番と同じように△8六歩と居飛車は仕掛ける。対して▲同角と取るのは、△6六歩▲同銀△6七歩…の変化で△1五歩と攻められた場合、▲3七桂型なので端が薄い。
第2図 図面等詳しい解説は省略するが、指した手がマイナスになるようでは先手の利を活かしているとは言えない。
 そこで▲8六同歩と取り、△6六歩▲同銀△6五歩と進む。ここで▲5七銀と引く手よりも強く▲6五同銀が優るのは四間飛車が後手の場合と同じだ。そしてやはり、この第2図が居飛車にとっても分岐点となる。

  第2図以下の指し手1
       △6五同桂▲2ニ角成△同 玉
 ▲6五飛 △8七角 ▲8五飛 △同 飛
 ▲同 歩 △7六角成▲2六桂 (第3図)
参考図
 まずは△6五同桂の変化から調べてみる。四間飛車側から角を交換して▲6五飛と桂馬を取るのは先後逆の場合と同じだ。△8七角では△3二玉と玉形を整える手もあるが、これに対しては後手四間飛車と同じ要領で良い。すなわち▲4五桂△4四銀▲6四角△7三銀打▲4二角成△同玉▲7七桂(参考図)。
 ▲3七桂型となっているため▲4五桂と「打つ」のではなく「跳ねる」ことができる。▲7七桂はその瞬間持ち駒が角だけで居飛車に思わしい手がないのを見越した好手だが、温存した桂馬を単に▲8五桂でも振り飛車が良いだろう。
第3図 本譜の△8七角には▲8五飛とぶつけてしまうのが分かりやすい。▲2六桂とすぐに打つ手ももちろん有力だが、△7六角成の余地を与えるだけ明確さに欠ける。飛車交換後に△7六角成(△6九飛でも同じく▲2六桂で良い)▲2六桂と進んで第3図。部分的には定跡形だが、▲3七桂の一手が入っているため△3三銀、△3三金いずれの受けにもすぐ▲4五桂と跳ねることができる。以下△3三銀▲4五桂△4四銀右▲3三桂成△同銀▲8一飛△5一銀▲6二歩△6九飛▲4八金直のような進行が一例だが、先手良しは明らかだ。

 第2図の▲6五同銀に△同桂と取る手は、どのような変化になっても▲3七桂と跳ねている形を活かすことができて四間飛車有利となった。次回では居飛車の別の手段を研究してみる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/27-004aba18
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。