四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

嬉しい。でも少し寂しい。

 本日行なわれた第3回朝日杯将棋オープン戦の千葉-清水上アマ戦より。後手の中飛車→△3三角▲同角成△同桂→向かい飛車対居飛車穴熊となり、△2五桂と歩を取って2筋を逆襲する(『角交換振り飛車 基礎編』を参考のこと)展開となり第1図はその終盤。▲5三角は詰めろかつ急所の3五の角を消し去ろうとしている。一見後手ピンチのようだが……。

第1図  第1図以下の指し手
        △5三同角▲同成香 △8七香成
 ▲4三角 △9八成香▲同角成 △8六桂
 ▲8七歩 △9八桂成▲同 玉 △3五角
 (第2図)

 △5三同角▲同成香と手順に攻め駒を自玉に寄せられたがその瞬間△8七香成が詰めろ。後手玉は一枚足りず詰まない。▲4三角は詰めろだが、△9八成香とこちらを取るのが穴熊攻略のポイント。やむなく▲同角成(▲同玉ではいけないのだろうか?)だが△8六桂が厳しい。以下馬を召し取り再度△3五角が急所。第2図

  第2図以下の指し手
 ▲6三成香△8四香 ▲7二成香△同 金
 ▲6四桂 △6三銀 ▲7二桂成△同 銀
 ▲9六銀 △6三角 ▲5二銀 (第3図)

 ▲6三成香以下先手は攻め立てるものの、▲7二桂成△同銀の形が3五の角がよく受けに利いており思わしい詰めろがかからない。そこで▲9六銀と受けに回ったが、△6三角に対する▲5二銀が疑問手とのこと。正着は▲5二金らしいが、竜取りを防いだだけで冴えない感触だ。本譜はここから後手の逆襲がはじまる。第3図

  第3図以下の指し手
        △8七桂成▲同銀引 △同香成
 ▲同 玉 △5四角  ▲7六香 △8五銀
 ▲6八桂 △6四桂 (第4図)

 8筋で清算して手順に△5四角と王手で角を逃げおおせることができた。以下は7六の地点を巡る攻防となり第4図。ここで▲8六香が敗着となり、△7六桂▲8五香△8八桂成以下即詰みとなり清水上アマが見事な勝利を収めた。第4図で▲7七香ならまだ大変とのことだが、△8六香が痛打でここではすでに後手逆転模様か。第4図

 清水上アマとは大学棋界で在籍期間が重なったこともあり(直接対戦したことも、会話すらしたこともないが)、この勝利は素直に嬉しいが……純粋に近い四間飛車党だった(昨年発売された『新・アマ将棋日本一になる法』のアンケートにも「得意(好きな)戦法」には「四間飛車」と答えている)氏も最近は中飛車や角交換振り飛車を多用している。続いて行なわれている上野五段との対戦も初手▲5六歩から中飛車だ。もはや四間飛車は流行遅れの戦法なのかと思うと寂しくもある。と同時に、マイナーになればなったであまり本には載っていない形(先手四間飛車の定跡形とか)にすれば筆者も少しは有利に戦えるかな、などと思っていたりするわけだが……。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/269-9c2427c5