四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

糸谷流対振り右玉炸裂

 筆者の実戦より。▲7六歩△3四歩▲6六歩△3三角の出だしから糸谷流対振り右玉対向かい飛車の将棋となり第1図。▲9七角と端角で6四の歩を狙ってみたところである。対する後手の応手が疑問だった。

第1図  第1図以下の指し手
        △6三銀上▲6八金 △7二金
 ▲5六歩 △7四歩 ▲5九飛 (第2図)

 △6三銀上では△6三銀引とすべき。本譜の進行を見れば分かるが、5四の銀を狙って第2図では5筋の位獲得が確定している。ところで糸谷先生の棋譜をいくつか並べてみたのだが、途中で△9五歩とされたら▲同歩△同香▲8六角△9八歩▲9五角△9九歩成▲同飛△9一香の田楽刺しは角損でも端が破れるため良しなのだろうか。ぜひ『とっておきの右玉』に続いて『糸谷流右玉』でも著して解説して欲しいものだ。第2図

  第2図以下の指し手
        △4二金 ▲5五歩 △4三銀
 ▲5六銀左△7三桂 ▲6五歩 △同 桂
 ▲同 桂 △同 歩 ▲同 銀 (第3図)

 △4二金はこれしかないが以下必然の手順で5筋の位を取り先手好調である。▲6五歩△同桂▲同桂を△同歩と取らなければまだ持ちこたえることができたかもしれないが、第3図となっては後手まとめようがない。第3図より△6四歩▲同銀△同銀▲同角△7三銀▲8六角△5二銀?▲6四桂……と進んで快勝。第3図

 本局は出来すぎであるが、何となく糸谷流対振り右玉の感覚がつかめてきた。昨日は対ゴキゲン中飛車にも採用し、相手の無理攻めを誘って完勝している。相振り飛車に少々食傷気味な筆者としては、今後も対後手振り飛車にはこの作戦を採用していくことにしたい。ただし石田流相手には少々分が悪いのか、棒金模様に1筋から仕掛けてみたものの、見事に自陣がぶっつぶれて完敗。どの振り飛車にも対応できる、というわけではないのだろうか。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/268-26936499