四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

六段との激戦

 フリー対局で5連勝して気をよくしていたある日の深夜。ふとレーティング戦の欄に目をやると六段が「待ち15分」で待機しているではないか。だめもとで対局を申し込んでみると……快く引き受けて下さった!かくして3年以上ぶりのレーティング対戦が始まった。筆者の先手四間飛車対後手の居飛車穴熊となり第1図。本ブログでもしつこいくらいに紹介している局面だ。『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』などにもある通り、居飛車の選択肢は△4二銀か△9四歩~△7三桂~△4二角コースか。しかしそこは六段、ここでちょっとしたアクセントを入れてきた。

第1図  第1図以下の指し手
        △2四歩 ▲2六歩 △4二銀
 ▲5五歩 △同 歩 ▲6四歩 △同 歩
 ▲5五銀 △8六歩 ▲同 歩 △7五歩
 ▲6四飛 △7六歩 ▲6六角 △8六飛
 ▲8八歩 △6五歩 ▲同 飛 △5四歩
 ▲6四銀 △4五歩 ▲3三角成(第2図)

 △2四歩▲2六歩の交換を入れて△4二銀が後手の趣向。以下は定跡通りに進む。▲8八歩に本来の最善は△8五飛。しかしこの場合は△6五歩▲同飛△5四歩が成立する。そう、△2四歩と突いてあるためここで▲2五桂が利かない。第2図仕方のない▲6四銀に△4五歩▲3三角成。ここで相手は長考に入り、私はトイレへ。そして帰ってくると……。

  第2図以下の指し手
        △3三同桂▲6六角 △4六歩
 ▲4八金引△5六角 ▲7五飛 △6七角成
 (第3図)

 相手はパンツを脱いでいた。一応読み筋ではあったが……再度の▲6六角に△4六歩。▲同金△7七歩成▲4四歩△同金▲同角△4六飛▲5三銀不成が優ったか。第3図あるいは金を逃げるなら▲5七金か。△5六角を見落としていた。▲7五飛に△6七角成。ここで選択肢は二つ。

  第3図以下の指し手
 ▲7一飛成△3一銀右▲4四歩 △4二金引
 ▲7五竜  △8五歩 ▲8六竜 △同 歩
 ▲7五角  △7九飛 ▲5九歩 △7八飛成
 ▲5八歩  △8九竜 ▲6一飛 △5六桂
 ▲5三銀成△同 金 ▲同角成 △4八桂成
 ▲4三歩成△4七歩成▲4八金 (第4図)

 本譜は▲7一飛成だが、ここで▲4四歩も考えられるところ。参考1図
 以下△6六馬▲4三歩成△同銀▲7一飛成△2一角▲5三銀成に△4四馬がぴったり(参考1図)になりそうなのでやめたのだが、実際ここから▲4三成銀△7一馬▲3二成銀△同角▲4二金△2一玉▲4三歩△3一銀打くらいで先手の攻めは切れ筋模様か。しかし▲7一飛成は手順に△3一銀右と固められて感触の悪い手だ。以下せっかく作った竜を8六の飛車と交換するようでは変調。しかし攻め合いに活路を見出して、▲4八金と取った第4図は敵玉は▲2三桂以下の詰めろ。自玉は詰まない。もしや勝ちか?しかしそんなに将棋は甘くなかった。

第4図  第4図以下の指し手
        △1七金 ▲同 香 △3八と
 ▲同 玉 △2九銀?▲2八玉 (第5図)
 まで95手にて先手勝ち

 △1七金が絶妙手。これに対して▲同玉なら△1九竜。▲1八金の合い駒は詰み。▲1八桂なら詰まないが、桂馬を使ったため敵玉への詰めろが消えてしまう。よって一手負け。
 本譜は▲同香と取ったが、これでは△3八と以下の即詰みが生じてしまう。しかし……なぜか▲同玉に△2九銀と打ってくれたため、▲2八玉で不詰みコースに。第5図
 当然△2九銀では△2七銀で簡単な詰みだった。かくして筆者は六段相手に勝利を収めた……しかもレーティング戦だ!31点もらえる!いやっほぅ!
 ……対局相手がR2600以上及び400点以上差があるためレーティング変動の対象とはなりません、という趣旨の文字が対局開始の挨拶の前に冷酷にも表示されていた。がっかり。なるほど、それでレーティングに大差があるにも関わらず挑戦を引き受けて下さったわけか。
 しかし大変勉強になりました。どうもありがとうございました。
 ……実は続く。

 PS:△1七金▲同玉△1九竜▲1八桂と桂馬を使っても実は▲2一金△同玉▲3二と△同玉▲3一飛成以下の即詰みが生じていました。ということは第4図は先手勝ち?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/265-dc250e64