四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

攻撃は最大の防御なり

 先手四間飛車対後手(四段)左美濃→銀冠の将棋より。2六の歩を角でかすめ取られて歩損しているものの、その代償に好形を作り上げて迎えた第1図。次に何でも▲3三角成の筋があり、それを△4四歩のような手で防ぐと2六の角が死んでしまうということもあり、すでに後手が大変な局面だと思う。

第1図  第1図以下の指し手
        △5五飛 ▲同 飛 △5二歩
 ▲8一飛 △6六角 ▲5四飛 △7七角成
 ▲9一飛成△5三角 ▲8四飛 △9九馬
 ▲8一飛成(第2図)

 △5五飛と角を取るのは仕方ないところか。▲同飛に△5二歩は形が悪いが、△5三歩では角が死んでしまう(とはいえ疑問手だと思う)。次に△6六角が残るが構わず飛車を打ち下ろし、5五の飛車を5四~8四~とさばいて第2図で▲8一飛成が実現した。

第2図  第2図以下の指し手
        △3一桂 ▲9三竜 △6六馬
 ▲5七香 △7五角 ▲8二竜上△5三金
 ▲5四歩 △2六香 ▲2七桂 (第3図)

 鬼より怖い二枚飛車に対して△3一桂の受けは仕方ないところか。頑張るなら△2二金だが▲1五歩△同歩▲1三歩がある。持ち駒を使わせて悠々と▲9三竜。△6六馬には▲5七香が好防の一手で、△7五角にも▲8二竜上がぴったり。△5三金の非常手段にも▲5四歩と貪欲に指す。この瞬間歩切れなので△2六香が来たが、▲2七桂で大丈夫だ。第3図

  第3図以下の指し手
        △5七馬 ▲同 銀 △5四金
 ▲5二竜 △6五金 ▲6六歩 △7六金
 ▲6五角 △6七金 ▲4六銀 △6六金
 ▲9二角成△5六歩 ▲8五竜 △9七角成
 ▲8六歩 (第4図)

 △5七馬とバーストを誘って駒得を果たし、離れ駒となった金を執拗に追い掛け回す。以下長手数進めたが、△5六歩の垂らしにも▲8五竜がぴったりで、△9七角成に▲8六歩と馬の利きを遮断、前日に続いて友達をなくす一手だ。第4図
 第4図以下△8七馬▲8二竜上△4二香とさらに持ち駒を使わせて、▲5四歩と垂らしボチボチ攻めて制勝。

 『藤井システム』にも記されている通り、銀冠に対しては①4筋(6筋)の位を取る、②2六(8四)の歩を角で取られても気にしない、この二つがポイント。後は居飛車の5二(5八)の金を離れ駒にして活用させないのが重要だ。本譜は▲7三角成を受けるために金が6二に離れており、さらに条件が良い。対する振り飛車の銀は守りに参加しており(第1図の直前に6七から引いた)、その差が如実に現れている。拾った駒を二枚飛車の攻めで次々と使わせ、攻撃は最大の防御なりを地で行なった一局。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/263-9716c4b9