四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堅けりゃいいってもんじゃないぞ

 筆者の実戦より。後手番なので右玉にしたところ、相手(四段)はガチガチの松尾流穴熊に。先手番ではないので千日手でも構わないと思っていたが、第1図の▲3六歩を見て動いてみることにした。

第1図  第1図以下の指し手
        △5五歩 ▲2四歩 △同 歩
 ▲同 角 △5六歩 ▲3三角成△同 桂
 ▲5六金 (第2図)

 △5五歩に▲2四歩から角交換にきたがこれは疑問。▲3七桂と活用をはかりつつ4五の歩を狙うのが本筋だろう(その時は△5四銀左の予定だが、こちらから△5六歩とは取り込みづらい)。△2四同歩▲同角に手抜いて△5六歩と取り込めるのが右玉の利点。以下角交換後に▲5六歩と手を戻すが……。

第2図  第2図以下の指し手
        △5五歩 ▲同 金 △3九角
 ▲6八飛 △5四歩 ▲5六金 △2一飛
 ▲6五歩 △同 桂 (第3図)

 △5五歩が痛打。本譜は▲同金だが▲5七金でもやはり△3九角がある。▲6八飛と6六の歩を取られない場所に逃げるが、△5七角成を急がず落ち着いて△5四歩▲5六金と収めてから△2一飛と飛車を展開して、次の飛車成りが非常に受けにくい。▲6五歩に△同桂が利くのが大きく、個人的主観では第3図は既に大差だ。

第3図  第3図以下の指し手
 ▲2二歩 △同 飛 ▲2八歩 △5七桂成
 ▲6九飛 △4八角成▲5七金 △同 馬
 ▲3七角 △7三金 (第4図)

 ▲2二歩には△同飛と普通に応じておいて何の問題もない。▲2八歩に△同角成とがっつかないで△5七桂成で▲6五歩を逆用することができた。以下金桂交換の駒得となる。▲3七角は次に▲6五歩からの攻めを狙っており油断のならない一手だが、ここで△7三金が「友達をなくす一手」。

第4図 『とっておきの右玉』の著者が右玉の桂馬と銀を交換した後にここに銀を打ち込む手が印象深く残っていたので、拝借させて頂いた。以下▲6五歩△同歩▲7七桂△4六歩▲6五桂(▲同角は△4七馬▲7三角成△同玉▲6五桂に△6四玉で大丈夫。▲7三桂成ないしは▲5三桂成なら△6九馬と飛車を取れる)△6四金▲4六角△4七馬▲6四角△同銀▲6七飛△5六馬(△6五馬は▲同飛△同銀▲6四桂がしゃくにさわる)▲7五歩△6六歩▲7六桂△6七歩成▲6四桂△6三玉まで後手の勝ち。

 『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』には「プロの公式戦では、松尾流に組めた場合の居飛車の勝率は脅威の8割」とあるが、それはあくまで対四間飛車の場合。右玉の場合にはそれは当てはまらない。薄くて広い玉を好む筆者としては、将棋は堅く囲えばいいってもんじゃないということを実戦で示すことのできた満足のいく一局。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/262-f1e0aaa7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。