四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

nusonoの受けのテクニック教えます

 とは言ってもたいした将棋じゃないんですけどね。第1図は後手が△5八金と張り付いてきたところだが、これは疑問手。△5九銀なら受けつぶれていたかもしれない。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲4七金 △4八銀 ▲5九歩 △4九金
 ▲同 銀 △同 金 ▲3八金 (第2図)

 ▲4七金とかわすのがここでは当然の一手。△4八銀に▲5九歩は秒に追われた悪手で、△同銀不成と取られていたらまずかったのだが、本譜は△4九金。これに対しては自然に▲同銀と取り、△同銀成に▲3八金と冷静に埋めた第2図では後手の攻めは切れ模様。以下△5八歩成▲同歩△5七歩▲同金(▲同歩は△5八銀で厄介)△4八銀▲4七金寄△5九角▲6六角△3五歩▲同歩まで。第2図

 タイトルはNHK将棋講座の「橋本崇載の受けのテクニック教えます」をもじったものであるが、とにかくこういう局面では徹底的に受けに回って、穴熊の姿焼きを作るのがポイント。後手としては△5七歩をと金にするような展開にしなければならなかった。「4枚の攻めは切れない」とよく言うが、角と金気二枚だけではいかに先手玉が薄いとはいえ寄せ切れない。

 「なおこの講座の詳しい内容は、NHK将棋講座9月号に詳しく掲載され……」るわけがありません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/260-d361b3c6