四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

糸谷流対振り右玉はじめました

 というより指さざるをえない状況が訪れました。お互い居飛車か振り飛車か態度を決めかねる変則的な出だしから、相手が△7三銀型から3二飛と振ってきた時にはすでにツノ銀が完成していたので右玉を採用、結局後手の7三の銀は8二に引いて穴熊となり迎えた第1図。ここからの筆者の珍手順を御笑覧あれ。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲5六歩 △7三角 ▲5七金 △3四金
 ▲6八角 △4五歩 ▲同 歩 △3三桂
 (第2図)

 後手の△5一角は7三への転換を目指したもの。それを察したはいいが、5七金型がいかにも愚形。△3四金に対しては▲8六角と覗く手が成立した。▲5三角成を受けさせて(どうやって受けても愚形もしくは攻め駒が使いにくくなる)それから▲6八角と引くのが将棋の手というもの。本譜△4五歩に対しても▲同桂と取る手を考慮すべき。そして第2図で私の指した手は……。第2図

  第2図以下の指し手
 ▲8六角 △4五桂 ▲同 桂 △4六歩
 ▲同 金 △4五銀 ▲同 金 △同 金
 (第3図)

 わざわざここに来て4六の地点を薄くする▲8六角。先手の人は何を考えているのかと小一時間問い詰めたい。△4五桂▲同桂に△4六歩が当然ながら好手で、▲同金と取ったが開き直って▲5三桂成△4七歩成▲同玉の方がマシか。第3図となっては先手陣形は収拾がつかない。

第3図 以下▲4六歩△同金▲同銀△同角▲4七金△4五桂▲4九桂と粘ってみたものの、そこで△2八銀と飛車を殺され、▲4六金と取るよりないが△2九銀不成▲4五金△2八飛▲3七玉△3八銀成▲4六玉△2六飛成とポロっと金を取られては勝負あり。

 ……『とっておきの右玉』再読して出直してきます(こんな形は載ってないけど)。ただ糸谷流対振り右玉自体は指していて面白かったので、今後も機会があれば実戦で試してみたいものである。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/259-eb8b5828