四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK杯に四間飛車現る。

 本日のNHK杯は矢内女流プロと櫛田六段の一戦。期待通り四間飛車の将棋となり第1図。ここで▲3六歩と突いてあれば△4三飛と浮き、次に△4二角と引いて6四に覗く筋を見せるところだが……。

第1図  第1図以下の指し手
        △6四銀 ▲2六飛 △6三金
 ▲3六飛 △4四飛 ▲8八銀 △5五歩
 ▲7七角 △4六歩 ▲同 歩 △3五歩
 ▲2六飛 △5四飛 (第2図)

 △6四銀~△6三金型も好形である。対する先手は▲2六飛~▲3六飛と3四の歩を狙うが、△4四飛でたいしたことない。▲8八銀に△5五歩が当然ながら手筋の一着。以下▲7七角に△4六歩。これを▲同飛は△同飛▲同歩△5六歩で次の△5七歩成が早そうだ。本譜は手順に振り飛車が好形を築いて第2図。第2図

  第2図以下の指し手
 ▲2四歩 △同 歩 ▲5五歩 △4四飛 
 ▲2二歩 △同 角 ▲7五歩 △同 銀
 ▲5四歩 △6六歩 ▲7六歩 △6四銀
 ▲6六角 △5五歩 ▲3六歩 △5四飛
 ▲3五歩 (第3図)

 後手の四段目の飛車が好位置で、▲2四歩~▲2二歩の手筋の攻めも△同角で効果はない。▲7五歩で一度切った歩を再び▲7六歩と打つなど、ちぐはぐな印象も否めない。第3図で振り飛車らしい軽手が出る。第3図

  第3図以下の指し手
        △4七歩 ▲3七桂 △6五歩
 ▲7七角 △4八歩成▲4五桂 △5八と
 ▲5六歩 △6六歩 ▲同 角 △6八歩
 ▲2三歩 △3一角 ▲5五歩 △同 銀
 ▲同 角 △同 飛 ▲2二歩成△6四角
 ▲2四飛 △6九歩成(第4図)

 △4七歩が手筋の垂らし。▲2八飛と引くようでは利かされとみて▲3七桂だが、△6五歩▲7七角△4八歩成とと金を作られてしまった。

第4図 ▲4五桂と跳ねても後手陣に対する響きは薄い。△5八と▲5六歩にも△6六歩がぴったりで、▲同角に△6八歩で二枚目のと金ができることが確定した。▲2三歩は飛車先を重くして気が進まないがこのくらいか。以下先手は暴れるものの、第4図となっては駒得が大きく後手の優勢は明らかだ。以下懸命に粘ったものの、結局は四間飛車の勝ちとなった。

 『矢内理絵子の振り飛車破り』は立ち読みだけですませた筆者であるが、この将棋を見る限りではとても買う気にはなれない。いかに堅陣に組もうとも、やはり飛車と角だけでは手を作れない。さりとて▲3六歩~▲3七桂型に組むと△6四角のような筋が生じる。先手の作戦は優秀とは思えないが、皆さんはいかがお考えだろうか。
 ちなみに放送中ほとんど筆者はうたた寝していたので、何か変な意見を言っているかもしれませんがご容赦頂きたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/257-0c007bcf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。