四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三間飛車穴熊にも角田流を使う

 筆者の実戦より。相手(三段)は今どき珍しい(?)ノーマル三間飛車。それならばこちらも棒銀で対抗と思ったら穴熊にしてきた。困った。対策を知らない。そこで角田流を使うことにした。
 ただし三間飛車相手の場合、銀が5七にスムーズに出られて角頭を攻められるのが嫌である。この将棋もそうなるかと思いきや、先手は▲7五歩と欲張った指し方をしてきて第1図。もちろんこの歩は取れない。

第1図  第1図以下の指し手
        △7四歩 ▲5五歩 △7五角
 ▲5四歩 △8六歩 ▲同 歩 △同 角
 ▲8八飛 △8五歩 ▲5五角 △7三桂
 ▲5九銀 (第2図)

 逆にこちらから△7四歩と反発してみることにした。▲同歩は△7六歩があるので先手も手抜いて▲5五歩。以下5筋の歩を取り込まれるものの、8筋の歩を交換する。▲5五角に△7三桂と跳ねたところでは、とりあえず5三の角頭をいじめられる展開にはならず満足していた。先手は▲5九銀と固めて第2図。第2図

  第2図以下の指し手
        △3三銀 ▲4八銀 △4四銀
 ▲4六角 △5五歩 ▲3九銀左△8四飛
 ▲9六歩 △4二角 ▲7七桂 △8四飛
 (第3図)

 5五の地点で威張っている先手の角をどかすとともに、5四の歩を取り払おうという方針で△3三銀以下の手順は指している。その間に相手は銀を3九に持っていき固める。▲9六歩は緩手だと思うが……第3図は次に△7六歩と△5四飛を見せて先手を急がせている。第3図

  第3図以下の指し手
 ▲5三歩成△同 角 ▲5七角 △5四飛
 ▲8五桂 △6五桂  ▲6六角 △8四歩
 (第4図)

 5四の歩は助からないので、成り捨ててから▲5七角と間接的に△7六歩を防いできた。対してこちらは△5四飛と回る。▲8五桂に△6五桂が手筋の跳ね違えで、▲6六角が必然の逃げ場所。△8四歩と桂馬を殺したところでは手ごたえを感じたのだが……。

第4図
  第4図以下の指し手
 ▲7三歩 △7四飛 ▲7二歩成△同 飛
 ▲4六歩 △3三桂 ▲4五歩 △同 桂
 ▲4六歩 △5七桂左成▲同 金△同桂成
 ▲同 角 (第5図)

 ▲7三歩を見落としていた。△8五歩と取り、▲7二歩成をあえて許す指し方をすると、以下△5一銀▲6一と△4二銀▲7三歩と二枚目のと金を作られてしまう。あわてて△7四飛と指したものの、▲7二歩成△同飛で飛車の位置が悪くなってしまった。第5図
 ▲4六歩と突かれ次の▲4五歩を受けるべく△3三桂と跳ねたが、ここでは△6四角が優ったか。本譜はそれでも▲4五歩。以下は必然の手順が続き、第5図は桂馬二枚と金一枚の交換。一応△8五歩で桂馬は取れる形だが、すぐに取ると▲同飛でやっかいなことになる。
 実戦は以下△6七金▲4八角△5六歩▲7三歩△9二飛▲8七飛△5七歩成▲同角△同金▲同飛△5六歩▲5九飛(▲同飛は△6七角)△8五歩と進み、そこで露骨に▲8三金と飛車を殺される手が嫌だったが、実戦は▲8四桂。△8二飛▲7二桂成△8四飛▲6二成桂△同金▲7二歩成△同金▲5六飛と進み第6図。第6図
 駒割りこそ角銀交換の駒得だが、自玉はとにかく薄い。▲7二歩成で守りの金が離れたのも痛い。△6七角だと喜んで▲5三飛成とされそうなので△5五歩と辛抱。実戦はここから▲5四歩△同飛▲6五金△8四飛▲5五金△6七角▲3八金?(▲4四金△同角▲4五歩の方が嫌だった)△5六角成▲同金△2六歩と進み、以下相手の攻めを切らせて勝ち……といいたいところだが時間切れで筆者の負けとなった。

 三間飛車穴熊にも角田流が通用するのかどうか、というのは筆者にとって大きな課題の一つである。後手番の上に△1四歩を突いている本局でも、第1図で▲7五歩に換わり▲3九金のような手なら△8六歩▲同歩△8七歩の例の筋を慣行する予定。となるとすれば三間飛車穴熊にも成立しているのか?機会があったらまた試してみたいが、三間飛車穴熊そのものに出くわす回数が少ない現状ではいつになることやら……。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/256-485ee244
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。