四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四段と右玉で対戦

 今まで右玉を指していて、勝った将棋はほとんど相手が格下だったが、今回は四段に勝てた。第1図は先手が棒銀の意思表示をしてきたところ。飛車先交換をせず、かつ玉の囲いを最小限にとどめているあたりはさすがである。これに対して筆者の対処法はいかに?

第1図  第1図以下の指し手
        △4五歩 ▲3五歩 △4四角
 ▲3四歩 △同 銀 ▲3五歩 △4三銀
 ▲3七銀 △5二金 ▲4六歩 (第2図)

 棒銀に対しては△4五歩~△4四角と上がるのが常套手段。▲3四歩のところで▲3八飛と回りたいところだが、▲3四歩と取り込めない(2六の銀が取られてしまう)のが悩みの種だ。結局▲3四歩△同銀▲3五歩△4三銀に▲3七銀と立て直すことになった。△5二金と上がってまずは一安心。▲4六歩はおそらく悪手で……。

第2図  第2図以下の指し手
        △3五角 ▲4五歩 △7九角成
 ▲同 玉 △3六歩 ▲4六銀 △8四歩
 (第3図)

 △3五角とポロっと歩が取れ、角交換が実現したのは大きい。△3六歩は手拍子で指してみたが、▲4六銀と避けられてみると(他の応手はすべて△4六角で王手飛車だ)後続手段が難しい。分からなくなったのでとりあえず△8四歩と損にならない手を指しておいた。第3図で▲2六飛ならどうしようかなと思っていたが。

第3図  第3図以下の指し手
 ▲8八玉 △9四歩 ▲9六歩 △7二玉
 ▲5五歩 △1四歩 ▲3五銀 △2二角
 (第4図)

 第3図で▲2六飛なら△3七歩成▲同桂△3八角がありそうだ。▲8八玉はその筋を防いだもの(△3七歩成に▲同銀と取れる)か。端歩を突き合って△7二玉とさらに待機する。▲5五歩に△1四歩は何かの時に△1三角と打つ手を狙ったものだが、▲3五銀と出てきたので△2二角と▲4四歩を防ぎつつ敵玉をにらみつける。

第4図  第4図以下の指し手
 ▲4六銀 △4四歩 ▲4七金 △4五歩
 ▲同 銀 △5五角 ▲1八飛 △2二角
 ▲4六金 △8五桂 (第5図)

 ▲4六銀と引くところでは▲4六角ならまだ難しかったように思う。一度出た銀を引くようでは変調である。△4四歩に▲4七金も疑問で、△4五歩▲同銀に△5五角が実現した。こうなってみると3六の歩の存在が光っている。▲1八飛は仕方のないところだが、ここでじっと△2二角と引いておくのが好手。次の△8五桂が分かっていても受けづらい。第5図

 本譜は▲4六金と来たが、△8五桂が実現してはさすがに後手良しだろう。第5図以下は▲5五歩△7七桂成▲同金△1三角(△1四歩が活きた)▲3五歩△8五歩▲6六歩△3三桂▲5六銀△2五桂▲3六金△2七銀▲4八飛△3六銀成▲4四歩△4七歩▲4三歩成△同金左▲2八飛△4六成銀▲6七銀△2四歩と進み、以下▲9五歩からの無理攻めを誘って制勝。

 全体的に先手の動きがぎこちない印象を受けたが、『とっておきの右玉』のように、角交換に持ち込んでしまえばこちらのペースだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/255-0a8c6554
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。