四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対四間穴にはやっぱこれでしょ

 久しぶりに対四間飛車穴熊の将棋を指せたので紹介する。先日述べた通り、四間美濃には棒銀、四間穴には角田流が筆者のレパートリー(それしかない)だ。角田流、と言われてピンと来ない方は『四間飛車道場第9巻 持久戦VS穴熊』の「8筋交換型」を参照のこと。

第1図  第1図以下の指し手
        △4四角 ▲4六歩 △2四歩
 ▲5八金左△2二銀 ▲1九玉 △2五歩
 ▲2八銀 △2六歩 ▲同 歩 △同 角
 ▲2七歩 △5三角 ▲6五歩 (第2図)

 △4四角はミレニアムへの序曲にあらず。▲4六歩を見た時は「この人対策知ってる?」と思った。後手の狙いは2筋の歩交換後角を5三に引くことで、その前に▲4五歩と突けば一手得する勘定になる。だが本譜はすんなり△5三角と引くことができた。そして何気ない▲6五歩が悪手になるのが角田流の恐ろしいところ。第2図

  第2図以下の指し手
        △8六歩 ▲同 歩 △8七歩
 ▲6四歩 △同 角 ▲5六銀 △8六角
 ▲4五銀 △7七角成▲同 桂 △8八歩成
 ▲6五桂 △7八と  ▲6七飛 △8九飛成
 ▲4八金寄(第3図)

 △8六歩▲同歩△8七歩で8筋が受からない。『攻める振り飛車』P76に載っている筋だが、本局は△3三桂と跳ねていないため桂頭攻めがなく条件がさらに良い。△8九飛成が金取りの先手となり後手優勢である。第3図

  第3図以下の指し手
        △4四歩 ▲同 銀?△4七歩
 ▲3八金寄△4九飛成▲3九金△5八竜
 ▲8七飛 △4八歩成▲8一飛成△3九と
 (第4図)

 第3図で△9九竜などとすると▲8七飛でおかしなことになってしまう。△4四歩に対して▲3四銀なら△1二角が厳しいが、▲5四銀ならまだ難しかった。本譜の▲4四同銀は最悪で、△4七歩があまりにも痛い。本譜は△4八歩成まで実現してもう一枚金をはがす望外の展開となった。第4図
 第4図はすでに先手受けようがない。以下▲4一竜△同玉▲5三桂打△4二玉▲3九銀△8九飛▲2八角△4七角で必死。

 戻って第2図では▲8八飛が最善。それならば第二次駒組みが続いていたことだろう。具体的には△1五歩~△3三桂~△7四歩~△7三桂~△4二金直~△8一飛で地下鉄飛車を目指す。詳しくは『四間飛車道場第9巻 持久戦VS穴熊』を参照して頂きたい。

 玉は薄いが一発勝負には使えるこの戦法、個人的にはかなりオススメである。強い人でも対策を知らない人が結構多い。後の部内大学名人になった後輩二人をこの戦法でしばいている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/253-7b77e3c0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。