四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

困った時の角交換、困った時の顔面ブロック

 筆者の実戦より。後手番になったので右玉にしようとしたところ、相手(?マークつき初段)は即攻棒銀をもくろんできた。当然『とっておきの右玉』にもこんな形は載っていない(同著は角交換型右玉に特化されているから)。さてどうする?

第1図  第1図以下の指し手
        △4五歩 ▲6六歩 △4四角
 ▲5八金右△1四歩 ▲6八玉 △6四歩
 ▲7八玉 △6三銀 ▲3七銀 (第2図)

 とりあえず目標になっている角をさばこうとする△4五歩はこの形の常套手段。対して①▲3三角成△同桂▲1五銀なら△4六歩、②▲3五歩なら△8八角成▲同銀にやはり△4六歩といったところか。本譜は▲6六歩だったので△4四角と上がる。▲2四歩△同歩▲1五銀なら△1四歩▲2四銀△2六歩で大丈夫。結局先手は玉を囲い、▲3七銀と立て直してきた。
第2図
  第2図以下の指し手
        △3三角 ▲4六歩 △5四銀左
 ▲4八飛 △4二飛 ▲6八銀 △6二玉
 ▲6七銀 △7四歩 ▲9六歩 △9四歩
 ▲7七角 △4一飛 (第3図)

 後手も△3三角と形を直す。▲4六歩△5四銀左▲4八飛に△4二飛で再び四間飛車右玉が登場した。▲6八銀△6二玉の瞬間が怖いが、▲4五歩には△8八角成~△6六角で王手飛車だ。以下無事に右玉に組めたものの、△4一飛が不急の一手でこの後冷や汗をかくことになる。
第3図
  第3図以下の指し手
 ▲4五歩 △同 銀 ▲6五歩 △同 歩
 ▲3三角成△同 桂 ▲7七桂 △7三桂
 ▲8六角 (第4図)

 ▲4五歩△同銀の交換を入れてから先手は▲6五歩と角交換を挑んできた。これを△同歩と取れないようではまずいのだが、角交換後の▲7七桂△7三桂▲8六角が悩ましい。先の△4一飛に代えて△6二金と上がっていればそれほど厳しくないのだが……。

第4図  第4図以下の指し手
        △6四角 ▲同 角 △同 銀
 ▲8六角 △6三玉 ▲6六歩 △同 歩
 ▲同 銀 △6五歩 ▲5五銀 △同 銀
 ▲同 歩 △6四銀 (第5図)

 とにかく先手に▲6四歩と打たれる展開だけは避けたかったため△6四角と合わせる。▲同角△同銀▲8六角に△6三玉と顔面ブロックにいった。▲6六歩以下は必然の手順が続くが、銀交換後に再度△6四銀と打ちつけて第5図。怖い局面が続く。

第5図 実戦は以下▲5四歩△同歩▲5六銀△4四歩▲6五桂と来たがさすがに無理筋で、以下△5六銀▲7三桂成△同玉▲5三桂△同銀▲同角成△6四銀▲4四飛の瞬間に△6六桂が利いた。これに対して▲8九玉と逃げてくれたため、△4四飛▲同馬△4九飛と王手馬取りをかけて勝負あり。

 △6六桂に▲8八玉でも△4四飛▲同馬△5八桂成で余しているはずだが……それにしても心臓に悪い将棋だった。これもすべて△4一飛の一手が招いたものである(飛車についているヒモを自ら外す悪手)。反省。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/252-624edcb5