四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

戦型:相露出狂?

 昨日の最後に話題に上げた将棋を取り上げる。後手番となり▲7六歩△3四歩▲6八飛に角交換型四間飛車の対策が分からず(『角交換振り飛車 基礎編』『角交換振り飛車 応用編』も読んでません)、さりとて相振りをする気分でもない筆者は、自ら△4四歩と角道を止めて居飛車穴熊に。対する相手も一目散に穴熊に囲い、飛車を4筋に転換して一歩交換してから駒組みを進めて第1図。△7二飛はおそらく疑問手で、ここから先手が襲い掛かってくる。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲4五歩 △同 歩 ▲6四歩 △同 歩
 ▲3三角成△同 桂 ▲6三角 △7一飛
 ▲5二角成(第2図)

 ▲4五歩△同歩に▲6四歩が手筋の突き捨て。△同銀は4筋が薄くなるので▲同歩と取るよりないが、これで6三の地点に空白が生じた。▲3三角成に△同桂と取るのが勝負手。まずは居飛穴がパンツを脱いだ。▲6三角には△7一飛が駒を取られない唯一の逃げ場。▲5二角成に対して筆者の放ったさらなる怪しい勝負手は?
第2図
  第2図以下の指し手
        △4二金寄▲6三馬 △8八角
 ▲9八香  △4四角成▲3六歩 △7五歩
 ▲3七桂 (第3図)

 次に▲5三馬△同金▲6二銀を喰らってはまずいので△4二金寄。さっそく穴熊の金が玉から離れる珍展開となった。▲6三馬に△8八角とこちらも馬を作りにかかる。▲9八香は振り飛車らしい手筋。△4四角成に▲3六歩でもしや、と思ったが△7五歩に▲3七桂。振り穴もパンツを脱いだ。お互いに露出狂である。
第3図
  第3図以下の指し手
        △8八馬 ▲4五桂 △同 桂
 ▲同 飛 △5五歩 ▲5三馬 △同金上
 ▲6二銀 △4四歩 (第4図)

 4筋は受からないと見て△8八馬と当たりを避けたが、▲4五桂△同桂▲同飛で平凡に△4四歩では▲7五飛と回られてしまう。△5五歩は開き直った一手だが△3三馬が優ったか。▲5三馬△同金上でまたまた金が玉から離れた。以下▲6二銀に△4四歩で第4図。

第4図 以下▲7一銀不成△4五歩▲6二銀不成なら△5二金と逃げておいて何とか持ちこたえている自信があったが、▲5三銀成△同金▲5五飛なら△同馬▲同銀で次にどう指すべきか分からない。やはり穴熊は向いていない……と頭を悩ませていたら、この局面で時間が切れて勝ちが転がり込んできた。

 ちなみにこの後この相手とはさらに二局指したが、いずれも惨敗。れっきとした五段となんちゃって四段の差をまざまざと見せつけられた。しかし対穴熊はしょっちゅう指しているが、自分が穴熊に囲うのはレアケース、相穴熊に至っては記憶する限り将棋人生二十年以上で二局目である。やっぱり穴熊の感覚も身につけなければいけない、と痛感した。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/251-ff1bd64e