四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

いつもとは反対の風景

 先手番で▲7六歩△3四歩▲6六歩△3三角の出だしから、筆者の方が相振りを嫌って居飛車にしたため、相手は四間飛車にしてきた。しばらくは角道を止めなかったのだが、結局止めることになって定跡形となり第1図。
 例の松尾流に組もうとする居飛車穴熊の常套手段である。当然ここから『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』『将棋定跡最先端 振り飛車編』に載っているように△5五歩と仕掛けるなり△5三銀と引くなりしてくるものかと思ったが……。

第1図  第1図以下の指し手
        △9四歩 ▲7九銀右△5五歩
 (第2図)

 松尾流への組み替えを許す△9四歩には驚いたが、▲7九銀右と引いて「脅威の勝率8割囲い」の完成である。遅まきながら△5五歩と突いてきたが、当然従来の定跡通り▲同歩と取り、△4六歩▲同歩△5五銀▲2四歩△同歩▲3五歩△4六飛▲3四歩△4四角▲2四飛△2二歩▲2五飛△4五歩▲3三歩成△同角▲3七桂のように進めればいいものを、何をとち狂ったか別の変化を選んでしまう。第2図

  第2図以下の指し手
 ▲2四歩 △同 歩 ▲6八角 △2二飛
 ▲3七桂 △3五歩 ▲2六飛 △3六歩
 ▲同 飛 △3五歩 ▲2六飛 △5二飛
 ▲3四歩 △5一角 ▲5五歩 (第3図)

 先に▲2四歩と突いてしまうと△同歩▲5五歩に△2二飛の変化が気になる。本譜は単に▲6八角と引いたがやはり△2二飛と回られた。ただここで▲3七桂が利くのが大きく、以下長手数進めたが第3図では別に居飛車悪くもなさそうである。振り飛車はここで手筋の一着を放つ。第3図

  第3図以下の指し手
       △5八歩 ▲5六金 △5九歩成
 ▲同 角 △3六歩 ▲同 飛 △6二角
 ▲6八角

 △5八歩が手筋の垂らし。ここで▲5六金と出たのが我ながら穴熊らしくない手というか何というか……。△5九歩成▲同角に△5五銀なら平凡に▲同金△同飛▲5六歩と収める予定だったが、本譜は△3六歩と来た。▲同飛△6二角に▲6八角がぴったりで、第4図では居飛車充分だろう。
第4図
 実戦は以下△5五銀▲同金△同飛▲5六歩△5一飛▲3三歩成△3五歩▲4二と△3六歩▲5一と△同角▲4五桂ときれいにさばけて穴熊良し。以下寄せを焦って危ない場面も通し、結局筆者の穴熊は手つかずのまま勝利。
 いつもとは反対の風景は新鮮で面白かったが、やはり穴熊は筆者には向いていないようである。なお蛇足ながら、この日は角道を止めない四間飛車穴熊に対して居飛車穴熊を再び採用し、パンツを脱いだあげく金は玉からどんどん離れるという珍将棋を指したが、難しい局面で相手(五段)の時間が切れて勝ちとなった。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/250-fb64778c