四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

相振り美濃は端から潰せ

 ▲7六歩△3四歩▲7五歩△5四歩▲6六歩の出だしから相振り飛車となり第1図。筆者は後手である。囲いが乱れているのはまあ仕様ということで、気にせず攻める。

第1図  第1図以下の指し手
        △5七歩 ▲5九金引△6八角成
 ▲同 金 △1六歩 ▲同 歩  △1八歩
 ▲同 香 △1七歩 ▲同 桂  △1五歩
 (第2図)

 △5七歩は手筋の叩きだが、ここで▲7八飛△5八歩成▲7九飛△4九と▲同飛の変化を対局中は気にしていた。本譜は▲5九金引だったので飛車を取り、△1六歩が急所の端攻め。以下歩を連打し、△1七歩を▲同桂だったので△1五歩と継ぎ歩で攻めて第2図。

第2図  第2図以下の指し手
 ▲4一角 △4二金 ▲7四角成△7三歩
 ▲5六馬 △1六歩 ▲1二歩  △1七歩成
 ▲同 香 △2五桂 ▲1一歩成△3七歩
 (第3図)

 ▲4一角は読み筋通りの一手。△4二金と守備駒がさらに玉から遠のくが、▲3二角成を阻止するためにはこれしかない。▲7四角成にも落ち着いて△7三歩と受け、後手陣は薄いがスキがない。以下順調に桂得を果たし、△2五桂▲1一歩成に△3七歩が痛打。

第3図 第3図以下▲同銀に△1七桂成とこちらを取るのが筋で、▲同玉△1九飛▲1八歩△4九飛成と金を取り先手投了となった。

 『相振り革命3』にも端攻めで囲いを崩す手順がふんだんに掲載されていたり、第3章では「端歩の考え方」と題して相振り飛車の戦いにおける端歩の重要性を説いているが、本局も見事に端攻めがクリーンヒットした形となった。先手の桂馬は8九に取り残されており、これでは当然端攻めに参加できない。一方後手の桂馬は△2五桂と跳躍することができた。その差が直接勝敗に直結した一局と言えよう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/248-12ed65fe