四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左美濃は縦から潰せ

 ▲7六歩△3四歩▲6六歩△4四歩▲6五歩の出だしから結局筆者の四間飛車対相手の左美濃に落ち着いて第1図。△6四歩は当然ながら悪手で、ここで気持ちの良い一手がある。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲4四歩 △同 銀 ▲6四歩 △8六歩
 ▲同 歩 △8八歩 ▲9七桂 △9五歩
 ▲6三歩成△9六歩 ▲7三と  △9二飛
 (第2図)

 この瞬間に▲4四歩が好手。△6五桂なら▲4三歩成以下三枚換えだ。△4四同銀と取るところではまだしも△同金と取り、▲6四歩に△6二歩と辛抱すべきか。本譜は8筋の攻めにも慌てず急がず対応し、先に▲7三とと桂得して悪かろう理屈はない。ここからどうやって優位を拡大するべきか。
第2図
  第2図以下の指し手
 ▲4五歩 △5五銀 ▲5六歩 △6八歩
 ▲同 角 △9七歩成▲5五歩 △8七と
 ▲同 銀 △9九飛成▲同 飛 △同香成
 (第3図)

 ▲6一飛成でも▲8五桂でも一向に構わない局面だが、本譜は▲4五歩△5五銀▲5六歩とより貪欲な手段を選んだ。△6八歩の叩きを角で取るのが趣向。以下端を破られ飛車交換となったが、依然として銀香交換の駒得である。

第3図 第3図での次の一手は筆者好みの▲6九歩。これでいっぺんに先手陣が引き締まり、3九玉型の弱点をカバーすることができた。以下△8九飛?▲7八銀△6七歩▲4六角△8六角▲8九銀△同歩成▲2五歩と藤井システムよろしく左美濃の玉頭を直撃、△同桂▲同桂で△2五同歩と取らなければまだしも、手抜いて△5五歩ときたため▲2四歩△2二玉▲2三銀とガリガリ攻めで快勝した。

 旧版の『藤井システム』を読んで以来、対左美濃にはめっぽう強い筆者。まあ使う相手がたいてい格下ということもあるのだが……。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/247-bd93d73a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。