四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

先手四間飛車対後手急戦、序盤に潜む罠

 筆者の実戦より。相手が四間飛車で来たため例によって棒銀を使おうと思ったが、第1図を迎えて気が変わった。

第1図  第1図以下の指し手
        △1三角 ▲6九飛 △3一角
 ▲6五歩 △3三銀 ▲6八角 △7三桂
 ▲7七銀 (第2図)

 第1図の▲5六歩は『仕掛け大全 四間飛車編』P212で疑問手とされている一手。ここで△1三角と覗く手が成立する。▲6九飛△3一角に同著では▲6七銀△3三銀▲6八飛の変化について主に言及されているが、本譜は▲6五歩。△3三銀の受けに▲6八角で未知の領域に突入した。△7三桂は▲4六角を先受けしたもの。▲7七銀は味が悪いが代わる手も難しいか。
第2図
  第2図以下の指し手
        △6四歩 ▲同 歩 △同 角
 ▲1五歩 △6七歩 ▲同 金 △1五歩
 (第3図)

 第2図では一見△6五桂が目につくが、▲4六角の筋が気になったため△6四歩▲同歩△同角と進めた。▲4六角のぶつけには角交換後△7八角があり6九飛型をとがめることができる。▲1五歩に△同歩は▲1三歩でまずそうなので、△6七歩▲同金で飛車の縦の利きを二重に防いでから△1五歩と手を戻す。
第3図
  第3図以下の指し手
 ▲6六金 △6五歩 ▲6七金 △2四銀
 ▲5七金 △1六歩 ▲1八歩 △6三銀
 (第4図)

 第3図で▲6五歩ならおとなしく角を引いておけば良い。この歩はいずれ振り飛車にとって負担となってくる。▲6六金には△6五歩とがっちり受け、△2四銀と上がって念には念を入れてから△1六歩▲1八歩と相手の端攻めを逆用することに成功した。△6三銀と手厚く構えた第4図は居飛車作戦勝ちかそれ以上の形勢だろう。
第4図
 第4図以下実戦は▲4六歩△5三角▲4七金△6四銀▲4五歩△8四飛▲6六歩△同歩▲同銀△6五歩▲5七銀と第二次駒組みが続き、居飛車の税金△9四歩を脱税したせいで▲9五角の筋が生じてやや危ない場面もあったものの、結果的には銀で大駒を抑え込む展開となった。そこから飛車交換に持ち込まれたものの、直後の△6五桂跳ねが味よく優勢を意識。以下相手の攻めを丁寧に受け止めつつ駒得を果たし、全軍躍動して攻め込み最終盤を迎えたのが第5図。

第5図 先手は8四の銀、8六の角が遊んでいるのが痛い。後手の1一金は▲1一角成とされた時に△2一金と受け、そのまま△1一金と馬を取ったもの。
 第5図ではどうやっても勝ちだが、どうせ勝つなら最後は格好よく決めたいものである。先手玉には即詰みこそなさそうだが、たった一手で必死がかかる。最後にその手を考えて頂きたい。正解は「続きを読む」をクリック。

 棋力の目安:30秒で初段くらい?
正解図 正解は△3九飛。以下▲4九銀に△3七角成で投了と相成った。

 本局は先手四間飛車対後手急戦のなにげない序盤の中に潜む罠をとがめ、おそらく人生初の山田定跡の採用(逆に自分が四間飛車側を持って採用されることも極めて少ない)となったが、まずまずうまく指せた一局。

 個人的には端角の山田定跡は『四間飛車の急所2 急戦大全(上)』を読んでからは避けるようにしている。もし筆者が四間飛車側なら第1図で▲5六歩に代え▲4六歩、先後逆なら△1二香と上がる。このスタンスはここ数年変わっていない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/246-f1dd62bf