四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また五段相手に勝ちそうだったんだけどなあ

 とはいえ例によって将棋倶楽部24のフリー対局の話なんですけどね。筆者の先手四間飛車対後手鷺宮定跡となり第1図、昔研究していた形である。ただしその後発売された『仕掛け大全 四間飛車編』P224では居飛車充分という見解が述べられている。それでもあえてこの変化に踏み込んだのだが、実戦は意外な方向に進行していく。

第1図  第1図以下の指し手
        △4四歩 ▲6六角 △6四歩
 ▲同 歩 △同 銀 ▲4五歩 △5五歩
 ▲6五歩 (第2図)

 第1図から△7七角成▲同銀に△7九角、または△8二飛は実戦経験があるのだが、ここで角道を止められる手は初めて指された。混乱した筆者は▲6六角。諸事情により時間に追われていたため、△8二飛なら▲7七角で千日手でもいいかと思っていた。しかし後手は△6四歩と打開。以下の進行はほぼ必然と思われるが、おそらく第2図の▲6五歩を相手は見落としていた。
第2図
  第2図以下の指し手
        △7三銀引▲5五角 △4五歩
 ▲6四歩 △5五角  ▲同 歩 △2二玉
 ▲6三角 △8二飛  ▲4五角成△8八角
 (第3図)

 △6五同銀と取るのは▲5五角で後手は収拾がつかない。よって△7三銀引だが、やはり▲5五角が実現した。△4五歩に▲6四歩が気持ちの良い突き出し。△5五角▲同歩に△2二玉と王手飛車の筋を避けるも、露骨に▲6三角と打ち込み馬を作って先手良しのはずだが……。
第3図
  第3図以下の指し手
 ▲9八香 △6六歩 ▲7七銀 △9九角成
 ▲6六飛 △9八馬 ▲6三歩成△同 銀
 ▲同 馬 △同 金 ▲同飛成 △8九馬
 (第4図)

 筋っぽく▲9八香と指したがこれが悪手。△6六歩と打たれて攻めが遅くなってしまった。第3図では単に▲6三歩成が正解だった。本譜も▲7七銀△9九角成▲6六飛△9八馬に▲6三歩成を実現させるも、清算して△8九馬と開き直られてしまった。
第4図
 第3図以下単に▲6三歩成なら清算した後取られる駒は香車だけで済む。第4図は金銀と角桂香の交換となり決して駒得とは言えない。おまけに意外と後手玉は耐久力がある。
 実戦は以下▲4四歩と垂らしてみたものの、△4二歩▲6一竜△5一歩と受けられてしまった。その後も筆者は悪手を連発したものの、相手も馬を切ったり飛車を切ったりしてあわてて攻めてきたため形勢は混沌となり、そして運命の第5図を迎える。


第5図 △3八銀打は実は詰めろになっていない。その上後手玉には▲3四桂△3二玉▲3三銀△同玉▲2二角以下の即詰みが生じている。△3四玉には▲3五金(これが見えていなかった)△同玉▲3六飛、△3二玉と引いても▲3一金以下ばらして▲5一竜ないしは▲3三金でも詰む。
 対局中▲3三銀の筋は読んだのだが……実戦は▲3四桂△3二玉と自玉をわざわざ詰めろにしてから▲3六銀と受けたため、△3五桂で受けの利かない形となってしまった。
 せっかく五段相手に中盤優勢となり、しかも最後は敵玉の詰みを逃すという二重の意味で悔いの残る一局となってしまった。猛省。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/243-d0fbd9d7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。