四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いやいや、さすがにその手は成立しないからね?

 さて、前回と前々回で筆者の四間飛車対策は披露したわけだが、その他の振り飛車対策はというと、これがまた悩ましい。
 特に第1図のように後手番で▲7六歩△3四歩▲7五歩の出だしの時は昔苦労していた。△4四歩は気合い負けのような気がするし、△3五歩と相三間飛車にするのもつまらない。そこで……。

第1図  第1図以下の指し手
        △5四歩 ▲6六歩 △4二銀
 ▲6八飛 △5三銀 ▲6五歩 (第2図)

 最近では4手目△5四歩を選択するようにしている。これは『新・振り飛車党宣言!〈3〉進化する相振り飛車』P66~に載っている一手。それでも▲7八飛なら△8八角成▲同銀△4五角と指す。詳細は本の方を参考にして頂きたい。
 本譜は▲6六歩と角道を止めてきたためこちらも△4二銀と上がり相振り飛車模様に。しかし先手は▲6八飛とここに振り、さらに▲6五歩と突っ張ってきた。
第2図
  第2図以下の指し手
        △8八角成▲同 銀 △4五角
 ▲7八角 △2七角成▲3四角 △3二金
 (第3図)

 さすがに▲6五歩はこの場合成立せず、角交換をしてからの△4五角が厳しい。▲7八角の合わせに△2七角成と馬を作って早くも後手良しである。しかしここで▲2八飛なら△同馬▲同銀で歩損ながらもいちおう馬を消すことができたが、▲3四角△3二金の交換が入ってしまってはそれもできない。第3図

 というのも第3図で▲2八飛とぶつけると△同馬▲同銀に△2四飛が両取りとなるため。▲2五角打としても△3三桂で駒得確定である。
 馬と生角の差で有利は有利だが、△3二金と上がったため相振り飛車にはややしづらい。さてこれからどうするか、というところで相手の時間が切れてあっけなく勝利が転がり込んできた。

 ちなみに同日指した将棋では『新・振り飛車党宣言!〈3〉進化する相振り飛車』P74第5図以下▲5六銀に△3五歩と突っ張って筆者が負けた。△4四歩が最善(自身のための備忘録)。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/242-85ab55a4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。