四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対四間飛車にはやっぱこれでしょ

 今回は「対」四間飛車の一戦を紹介する。筆者は四間美濃なら棒銀、四間穴熊なら角田流と決めている。それは先手番でも後手番でも変わらない。迎えた第1図、ここで▲5九角△6四歩▲4八角と進めば『四間飛車の急所3』P169第1図の類似形となるが……。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲6五歩 △7七角成▲同 飛 △7六歩
 ▲同 銀 △2二角 ▲7五歩 △8六歩
 (第2図)

 △6四歩と▲4五歩の交換が入っている形ではよくある手だが、この場合の▲6五歩ははじめて指された。角交換後に△7六歩▲同銀と形を決めて△2二角と自陣に打つのは▲6六角の筋を消して妥当なところだろう。▲7五歩の受けに△8六歩と打って第2図。▲同歩なら△8八歩の狙いだが……。

第2図  第2図以下の指し手
 ▲5五歩 △同 角 ▲6四歩 △同 歩
 ▲8三角 △7一飛 ▲5六角成(第3図)

 ▲5五歩とこの筋の歩を突き捨てるのはいかにも振り飛車らしい一手。△同角にさらに▲6四歩と突き捨てる。これはさすがに手抜けず△同歩の一手だろう。▲8三角△7一飛に▲5六角成と馬を作って第3図、依然として8六の地点で歩はぶつかったままだが、先後どちらからもこれは取りづらい。秒に追われて筆者の指した次の一手は?

第3図  第3図以下の指し手
        △7三銀 ▲8六歩 △8八歩
 ▲5五馬 △同 歩 ▲9七桂 △8九歩成
 ▲8五桂 △6二銀引▲8二角 △3一飛
 (第4図)

 ▲8二角の筋を防ぐためさばけなさそうな棒銀を△7三銀と引いたがこれがまあまあの一手だったようだ。▲8六歩に△8八歩が実現し、▲5五馬とせっかく作った馬を生角と交換するようでは先手やや変調である。とはいえ▲9七桂~▲8五桂とさばけたのも大きいか。△6二銀引に▲8二角が実現して先手ペースのようだが……。
第4図
  第4図以下の指し手
 ▲9一角成△9九角 ▲4七飛 △8四歩
 ▲8二馬 △8五歩 ▲同 歩 △8八角成
 ▲8四歩 △9八馬 ▲6七銀 △2四香
 ▲3六歩 △5四馬 ▲8三歩成△3六馬
 ▲3七香 △5四馬 ▲4五歩 △2二玉
 (第5図)

 単に▲9一角成と香を取るのではなく▲5四歩△同銀▲6四角成△5三銀▲9一馬が優ったのではないか。本譜は△8四歩が成立した(前述の手順ならそこで▲7三桂成とできる)。
第5図
 以下手順を進めてみると、いつの間にか先に香得したはずの先手が△9八馬で逆に桂損になってしまっている。△2四香▲3六歩に△5四馬と引きつける手が何とも味が良く、ここで優勢を意識した。△3六馬▲3七香にももちろん飛車を取らずに△5四馬と戻る。▲4五歩で馬の利きは遮断されたが、ここで△2二玉と寄った手が3一に隠居していた飛車に活を入れる一手。放置していれば3筋の歩を伸ばして香車を取りにいく。
 実戦は以下▲3六歩△4四歩と進み、158手の熱戦を制して筆者の勝ち。相手も将棋倶楽部24の四段、同格の相手にもまだまだ棒銀が通用すると励みになった一局だった。

 追記:8九のと金は8八~8七~7七と活用され、最終的には6七の銀と交換になった。と金の遅早とはまさにこのことか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/240-0ea60f1f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。