四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

先手四間飛車対後手右銀急戦 ▲8三角(3)

第1図 今回も振り飛車が▲8三角と打つ形を研究してみることにしたい。第1図は▲8三角以下△8二飛▲6一角成△6六銀▲7八飛と進んだところ。前回ではここで△8六歩だったが、今度は居飛車が手を変えてみる。

  第1図以下の指し手2
       △4四角 ▲4五歩 △3五角
 ▲6七銀 △7七歩 ▲同 桂△6七銀成
 ▲同 金 △8六歩 (第2図)

 佐々木-行方戦(2004年3月01日・王座戦)で行方六段(当時)は△4四角を選択した。
第2図 7一の地点にも利かせた攻防の一着である。▲4五歩の突き出しにも△3五角で今度は5七の地点をにらむ。▲6七銀とぶつけて飛先を通しつつ間接的に△5七銀成を防ぐが(3五の角が移動すれば▲7一飛成がある)、△7七歩▲同桂と遮断してから△6七銀成と銀の方を取り、▲同金に△8六歩と突いてきた。ここで振り飛車に軽妙手が出る。

  第2図以下の指し手
 ▲8五桂 △5一金寄▲7一馬 △8七歩成
 ▲7五飛 △7一角 ▲同飛成 △8五飛
 (第3図)
第3図
 ▲8五桂と跳ねて飛車先を通すのが盲点になりやすい一手。△同飛なら▲7二飛成と急所の筋に成り込むことができる。△5一金寄として馬を移動させ、△8七歩成も入れて居飛車も最善を尽くすが、第3図では振り飛車が桂損したものの先に竜を作り、さらには手番を握っている。後手の飛車先も重く、うまい手があれば優勢を得ることができそうだ。

  第3図以下の指し手
 ▲4四歩 △同 歩 ▲6四歩 △4六角
 ▲4七銀打△6四角 ▲7六金 (第4図)
第4図
 ▲4四歩が敵陣の急所を突いて厳しい。△4四同歩にさらに▲6四歩。これを△同歩は▲7四角くらいでまずいので△4六角と攻防の一手を放つが、冷静に▲4七銀打と固めて△6四角に▲7六金が味の良い活用だ。実戦は以下△4五飛▲4六歩△同飛▲6五金とさらに力強く金を押し出し、入玉含みで粘る居飛車玉を佐々木四段が的確に寄せて勝ち切った。
 以上の手順は実戦の進行そのままではあるが、四間飛車側の指し回しはそのまま定跡手順と言ってもおかしくないほどの見事なものである。

 ▲8三角と打つ手に関してはまだまだ居飛車・振り飛車双方に手が隠されているようにも思えるが、三つの実戦例全てで先手四間飛車が勝利を収めているため、プロの対局にはここ1年ほど現れていないようである。固い玉で勝ちやすい戦いに持ち込むのを良しとする現代棋界においては仕方のないことかもしれないが、先手四間飛車に右銀急戦で立ち向かう果敢な挑戦者が再び登場することを願いつつ研究を終えたい。
 なお、今後新たな実戦例・手順などが現れれば、情報が入り次第取り上げる予定である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/24-b4f29c42