四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相右玉?

 筆者の実戦より。後手番で▲7六歩△3四歩▲6六歩の出だしだったので△8四歩と突き対抗形かと思ったら、相手は一向に飛車を振ってくる気配がない。それどころか第1図となっては先手の作戦はほぼ右玉に違いないではないか。一方の筆者も右玉模様。このまま相右玉となるのか?
 『とっておきの右玉』でも「実戦で現れることもめったにない」と書かれている相右玉の攻防。その著者の同期生である筆者も経験は少ない。そこで……。

第1図  第1図以下の指し手
        △7一玉 ▲4八玉 △3二飛
 ▲2九飛 △5二金左▲9六歩 △9四歩
 ▲3八玉 △7二銀 ▲4八金 △8二玉
 (第2図)

 △7一玉~△3二飛が相右玉を回避する一連の手順。かくして戦形は陽動三間飛車対右玉という珍妙なものになった。以下お互いに自陣を整備する。△7二銀と引くのは二手損で指しづらい感を覚える方もいると思うが、それでも美濃囲いにこだわるのが筆者のポリシーである。

第2図 第2図で筆者が先手を持っていたら▲2六歩と玉の懐を広くするとともに、玉頭攻めをされた時に2七玉と上がって顔面ブロックをする非常手段を用意するところだが、実戦では▲5九飛△6三金▲8六歩と進んだ。個人的意見としては▲8六歩も緩手だと思う。
 以下△3五歩▲同歩△4四銀▲6五歩△同歩▲4五歩△3五銀▲2二角成△同飛▲3六歩△2四銀でいちおう後手の攻めは一段落したものの、最後まで2筋の歩を突かなかったことが先手につきまとう結果となる。局面を終盤まで進めて第3図をご覧頂きたい。

第3図 ▲6四馬の王手に対して△7三銀と受けたところ。先手は角を渡し△2九角と打たれるといきなり寄り筋に入ってしまう。もし仮に▲2六歩と突いてあれば2七玉と逃げる手が生じるため話はだいぶ変わってくることを確認頂きたい。

  第3図以下の指し手
 ▲5四馬 △6三歩 ▲同 馬 △7二金
 ▲6四歩 △6二歩?▲5四馬 △4二飛
 ▲4五桂 △3三桂 (第4図)

 ▲5四馬に△6三歩~△7二金と大駒は近づけて受けよの格言通りの手順。▲6四歩には強第3図く△6三金と取り、▲同歩成△2九角▲2八玉△5八竜で明確な勝ちだった。秒に追われて△6二歩とより安全な手を選んでしまった。
 とはいえ▲5四馬に△4二飛が遊んでいた飛車を活用する味の良い一手。先手はとにかく歩切れが痛い。▲4五桂に△3三桂とさらに気持ち良く活用して第4図。
 ▲4三金と粘られていたらまだまだ大変だったが、▲4七玉と間違った顔面ブロックの使い方をしてきたため以下△4五桂▲同銀?△4六歩▲同玉△3四桂▲4七玉△4六歩▲3八玉に△4五飛が決め手となった。以下▲同馬に△4八角成で即詰み。

 新格言:右玉に組んだら▲2六歩(△8四歩)を必ず突くべし。

 予告:次回はほんとに相右玉の戦いを紹介します。四間飛車そっちのけですがこ勘弁を。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/237-b002a734
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。