四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必殺?四間飛車右玉

 筆者の実戦より。後手番になったので右玉を採用しようとしたところ、相手は左美濃に組んでから▲3八飛と寄ってきた。次に▲3五歩△同歩▲4六銀の攻めが見えている。自陣はまだ未整備段階、さてどう対処する?

第1図  第1図以下の指し手
        △4五歩 ▲6六歩 △4二飛
 ▲3五歩 △同 歩 ▲同 飛 △5四銀左
 ▲3七桂 △6二玉 ▲6七金 △7二玉
 ▲9六歩 △9四歩 ▲7七角 △6二金 
 (第2図)

  とりあえず△4五歩と突いてスムーズに▲4六銀と進出できない形にしてから△4二飛と振ることにした。3筋の歩を交換してきた居飛車に対して△5四銀左が角頭を薄くするだが一連の構想。この瞬間が恐いが実戦は駒組みが続き、第2図のように四間飛車右玉が完成した。
第2図
 本譜は以下▲9五歩△同歩▲同香△同香▲同角と無理攻めをしてきたため、△4四角▲3四飛△3三香で飛車を召し取って勝負あり。

 この四間飛車右玉というのは大学時代の将棋部の後輩の得意戦法なのだが、なるほど自分で採用してみるとなかなかに優秀である。ありきたりの四間飛車や右玉に飽きた方も、この二つを組み合わせて戦ってみてはいかがであろうか。ただし勝敗のほどは保証致しかねますが……。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/236-9edc7ad2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。