四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれ?五段に勝っちゃったぞ?

 とはいえ将棋倶楽部24のフリーの対局なんですけどね。しかも四間飛車で勝ちました。相手は穴熊、▲2四角に対して筆者の応対は……。

第1図  第1図以下の指し手
        △同 角 ▲同 飛 △4六角
 ▲2二飛成△9六歩 ▲同 歩 △8五桂
 ▲7八金引△9七歩 ▲同 香 △3七角成
 (第2図)

  △2四同角と取る手は真っ先に読みから捨てるとしたものだが、この場合は△4六角の切り返しがあり、また2一の桂馬が容易に取られない形なので成立するとみた。以下は端攻めに全てをかける。決めるだけ決めて△3七角成と取って下駄を預ける。先手の反撃は……。

第2図  第2図以下の指し手
 ▲6五歩 △同 歩 ▲6四歩 △同 銀
 ▲6二歩 △同金直 ▲3二角 △4二飛
 ▲2一竜 △9八歩 ▲同 玉 △9七桂成
 ▲同 銀 △3二飛 ▲同 竜 △8五桂
 (第3図)

 ▲6五歩に対しては手抜く手も考えられるが、端攻めには歩が必要なので単に取った。6筋に色々利かされたが致命傷にまでは至らない。端に手をつけてから3二の角をもぎ取り△8五桂と打った局面は立派な勝負形になっている。

第3図  第3図以下の指し手
 ▲8六桂 △9七桂成▲同 桂 △9六香
 ▲7四桂 △8三玉 ▲6二桂成△9七香成
 ▲同 玉 △9六歩 (第4図)

 ▲8六桂では▲8八金上とされた方が嫌だった。本譜の筆者は攻め合うことしか考えてない。そして迎えた第4図、実戦では▲9八玉?と逃げたため△9七香以下トン死を喰らわせて勝ち。

 第4図で▲8六玉と逃げても△5九馬以下詰み。▲8八玉なら△9七歩成で時間稼ぎができる(▲7七玉はやはり△5九馬以下詰み)。
第4図
 第4図以下▲9六同玉も△9五歩と打ち、玉を逃げる手に対して王手をかけつつ上部を開拓(△7四桂と打てば8六の地点に利く)すればおそらく後手が余しているものと思われる。第1図は居飛車穴熊に組まれつつ5筋の位も取られるという作戦負けの局面かと思うが、相手が慌てて攻めてきたため(仕掛けの前に▲7八金引を入れておくだけでもずいぶん違った展開になったはずだ)勝負形に持ち込むことができた。レーティング2400超の相手に勝つことができ、少し自信を取り戻した一局。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/235-1a518cc8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。