四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

次の一手初級編

問題図
 筆者の実戦より。四間飛車で負けが込んでいるため、最近は右玉をよく使うことにしている。対する相手は角、桂馬と立て続けに交換してきた。そして迎えた第1図。△6四歩はとんでもない悪手である。ここでまさに「次の一手」とも言うべき気持ちのいい一手が飛び出す。簡単なので考えてみて頂きたい。

 棋力の目安:30秒で今の私。




正解図 正解は▲7三桂。取ると▲6三角で王手飛車。実戦はその通りに進み圧勝した。
 飛車を逃げるのも▲6一桂成でもちろん必勝形。

 個人的意見としては、右玉に対して角交換を挑んでくるのは大歓迎。右玉はバランスの良い戦法、よって手持ちに角を持たれても打たれるスキが少ない。一方相手は右玉側からの角打ちに備えた駒組みをしなくてはならない。
 ここらあたりは『とっておきの右玉』の著者である細川大市郎(なにげに大学の同期)と意見が一致するところではある。なるほど、確かに先手番でも一手損してでも自ら角交換をして右玉にしてみる価値はあるかもしれない。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/233-8d867629