四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

角の打ち場所を間違える

 筆者の実戦より。筆者の四間飛車に対して後手は『島ノート』に載っている陽動カマボコを採用、先後の関係もありP324を見れば分かると思うが本来居飛車の手番の局面でこちらの手番となっている。このチャンスを活かしたいところだが。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲6三歩 △同 飛 ▲7二角 △6二飛
 ▲8三角成△6七歩 ▲9八飛 △8六歩
 ▲同 歩 △8七角 ▲8八飛 △7六角成 
 (第2図)

 ▲6三歩△同飛はいいとして、▲7二角は我ながら情けない悪手。当然ここは▲5二角とこちらから打つべきで、以下△6二飛でも△5三飛でも▲7四角成として6四の銀に狙いを定めることができた。本譜は▲8三角成の瞬間がいかにも甘い。
第2図 後手の反撃△6七歩に▲9八飛も恐らく悪手で、△8六歩~△8七角~△7六角成となった第2図では馬の働きの差もあり振り飛車が不利である。以下粘ったものの順当に負け。

 第1図で▲6三歩△同飛▲5二角が指せないというのはどうしようもない。今回も自省の譜。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/228-1c5dc993