四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

右銀急戦からの大さばき

 C級2組順位戦の佐々木-伊藤能戦を本日は取り上げる。四間飛車に対して右銀急戦を仕掛けたものの△7五歩と打つ形になり局面が収まり第1図、後手が飛車先を交換したところである。

第1図  第1図以下の指し手
 ▲6四角 △6五銀 ▲7五角 △7四飛
 ▲6六銀 △7六歩 ▲4二角成△同 金
 ▲6五銀 △7七歩成▲7四銀

 ▲6四角の局面で昼食休憩となった。△6五銀に▲9一角成ではなく▲7五角なのは△7六歩を嫌ったものか。以下△7四飛に▲6六銀とぶつけ、△7六歩に▲4二角成と切り大さばきに出る。▲7四銀と取って飛車交換となったところでは二枚換えではあるもののと金の存在も大きく難しい分かれか。
第2図 第2図以下は△6七と▲同金△7九飛▲7一飛△8九飛成▲8一飛成と進行したものの、後手玉の薄みをついて先手が攻勢を取る形となり、佐々木四段の勝ちとなった。佐々木四段はこれで六勝三敗、一方の伊藤能五段は三勝七敗と一足先に順位戦の日程を終え、他者の星次第では降級点もありうる厳しい結果となった。

 第1図のように居飛車に飛車先を切られてしまっては普通悪いとしたものだが、その後の佐々木四段の大さばきを見据えた巧みな指し回しが印象に残った一局。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/222-f32baafa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。