四間飛車党の備忘録

四間飛車メインで振り飛車・相振り飛車・右玉なども含めあれやこれや綴っていきます。

△3二飛型からの攻防

 C級2組順位戦の中村亮-矢倉戦より。四間飛車対居飛車穴熊の定跡形となり第1図、『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』P128のテーマ18図を先後逆にして、▲1五歩を入れた形となっている。ここからどのような進行を見せるか。

第1図  第1図以下の指し手
       △3二飛 ▲6六角 △5一角
 ▲2六歩 △3五歩 ▲同 歩 △同 飛
 ▲2七銀 △3二飛 ▲3八金 △8二飛
 ▲8八飛

 △3二飛は『四間飛車破り 【居飛車穴熊編】』P132に載っている一手。対する▲6六角に7三ではなく5一に角を引いて本の手順を離れた。以下居飛車は3筋の歩を交換し、振り飛車は銀冠に組み替える。△8二飛に▲8八飛と受けた第2図は互角の形勢だろう。
第2図 第2図以下△7三桂▲4八銀△6五桂▲8六歩…と進み熱戦が展開されたものの、結果は先手の勝ちとなった。中村亮四段はこれで五勝四敗となり白星先行。敗れた矢倉六段は痛恨の三敗目を喫し、昇級戦線から脱落する結果となってしまった。

 第1図から△7三桂ではなく△3二飛と指す相手も多い。その場合の戦い方が今一つ分からなかったのだが、こうしてプロの実戦を見ることができ個人的には参考になった一局。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://4kenbisya.blog11.fc2.com/tb.php/221-8fad0c18